江古田駅周辺を彩った名店たち

はじめまして!
江古田に住んで4年目のフリーライターKotohaです。
江古田には進学のために引っ越したのですが、卒業後もわたしを含め誰も他の地域へ引っ越しません(笑)
そんな、一度住むと離れられなくなると噂の街では、数々の素敵なお店が軒を連ねています。
今回はその中でもひときわ多くの人に愛された、今はなき名店を懐かしんでみたいと思います。

 

 

kotoha_20150921_01

江古田でいちばん古いキッサ店「トキ」

創業昭和33年。
あまりにも有名な古き良き喫茶店には、遠くから足を運ぶ方もちらほら。
いつも学生や近所のおじさま方を中心に賑わっていましたが、
あのほとんどのお客様よりお店のほうが年上だったのですね!
多盛りのメニューと、「今日はどうもありがとうございます」と
アイスを配ったり気を配ったりしてくれる優しいお母さんが人気を集めていました。
閉店の数日前から店には行列ができ、メニューが次々と売り切れになっていきました。
あまりの売れ行きに、最終日にはコーヒーのみでの営業となりましたが、
最後まで人が途切れることはなく、江古田の歴史に残る伝説のようなお店になりました。

 

kotoha_20150921_02
閉店から数日後、店内で使われていたお皿などが店頭で無料配布されていました。
今もたくさんの人の食卓で使用されていると思うと胸が熱くなりますね…♪
(わたしも食パン皿として使っています!)

 

 

kotoha_20150921_03
kotoha_20150921_04
kotoha_20150921_05

路地奥のオシャレな隠れ家「toris cafe」

通り過ぎてしまいそうになる細い路地を入った先にあった、まさに隠れ家カフェ。
小さなキッチンからでてくる料理は添え物のピクルスまで手作りで、素朴ながら、細かいところまで美味しい工夫が感じられました。
フードメニューはパスタやエスニック系など。日替わりもあり、飽きずに通ってしまいます。
落ち着いた照明の店内はつい長居してしまう気さくであたたかい雰囲気。

 

 

kotoha_20150921_06
kotoha_20150921_07

夜更かしにも優しいカフェバー「South Gate」

古い木の階段をちょっと気をつけてのぼった先には意外にも広い店内。
カウンター以外はすべてソファー席なので、ゆったり寛ぐことができます。
個人的にはワンプレートメニューをよくいただいていたのですが、ライスがほうじ茶で炊かれていたり、メインの他に三種類のお惣菜が添えられていたりと一人暮らしには嬉しい充実した内容でした♪

 

 

江古田のお店は閉店が早いところが多いので、お仕事終わりの社会人の方や、終電までゆっくり語り合いたい学生のあいだでは口コミで広がり、とても重宝されていました。
今年の5月に閉店してしまったので、千円で夜中に美味しい食事ができるお店、開拓中です!

こうして振り返ってみると、閉店しても心に残る素敵なお店ばかり。
続々と新店が出現する江古田から今後も目がはなせませんね!

kotoha

ちから亭

chikara-tei_01
音大の隣にあった『ちから亭』がリニューアルオープン。
以前は定食屋のイメージだったから行った事がなかったけど、一軒家をおしゃれに改装しとっても素敵なお店になっていた。

 

 

chikara-tei_02
水槽が見れる席は人気。広いテーブル席もあり。
テラスはワンちゃん連れもオッケーです。

 

 

そして、このお店の料理に感動してしまった!
あー、秘密にしておきたかった!
どの料理もオリジナリティに溢れてて独創的。
そして、なんだか世界的。
聞けばシェフは、料理が好きで好きでしょうがなく、全ての料理は感覚で作っているんだそう。
この人は天才なんじゃないのか…。
まったく未知数〜

 

 

chikara-tei_03
ランチメニュー 
オムライス/900円(特製ドミソースが深い!)

 

 

chikara-tei_04
ホッケンハイム/900円
ドイツに行ったとき見た(食べたわけではないらしい)料理を再現!
 

 


ちから亭

03-5946-9663
練馬区羽沢1-4−2
 
【営業時間】
モーニング8:00-11:00(土日)
ランチ/11:00-14:00(LO)
ディナー/18 :00-21:00(LO)
 
【定休日】
月曜

パーラー江古田


「パーラー江古田」が2015年4月に移転しました!
移転と言うと、みんなざわつきますが、通りが1本変わっただけなんでご安心を。

 

 


新「パーラー江古田」は、一軒家を改装した、和モダンな雰囲気。
薪ストーブとかもあってステキです。
昔は、テーブル席が1つだけとカウンターだったけど、今回はテーブル席が3つもあります!
7〜8人のグループだって入れます。
ただし、席が空いていたらですが。
先日、昼頃に店内を覗いたら、店内にぎっしり人が並んでいました。
撮影の日も朝9時になったらほぼ満席。
14時くらいに一度落ち着くらしいので、そのくらいがチャンスかも。

 

 



パンも以前より多めに作っているので、平日なら17時くらいまでは買えることも多いそうですが、早めに行かないと売り切れの可能性高いです。

 

 


ここまで人気のパーラー江古田。
その良さは、パンや料理の美味しさはもちろん、空間の心地良さなんだと思います。
テーブル席もいいけど、カウンター席に座ると、お店の風景の一部になれる一体感があります。
パーラー江古田は、沖縄のパーラーをイメージしているそう。
パーラーってあまり聞いた事がなかったけど、イタリアのバールみたいなものだそうです。
ここは、江古田人が集まる場所なんですね。
新しいパーラーでは、お酒も販売しています。
また、今後レギュラーメニューも増えるとか。

 

 



新玉ねぎとスナップエンドウのサンドウィッチ(サラダ・ドリンク付)/930円。
パンは、レーズン酵母の食パン・雑穀パン・カンパーニュ・全粒粉のくるみパン・フォカッチャから選べます。
※2015年4月取材時

 

 



レーズン酵母の食パンの小型版。無油、無糖 ハードトースト/270円。
小麦酵母のフランスパンのバケット/360円
※2015年4月取材時

【ママへのオススメポイント】

パーラー江古田は、お子さんを幼稚園に送った後に、ゆったりとモーニングをするママさんグループ多数。
朝9時集合なら、人数が多くても入れるかも。
以前よりは、子連れでも入りやすいですね。

 

 


パーラー江古田

03-6324-7127
練馬区栄町41-7

 

【営業時間】
8:30〜18:00

 

【定休日】
火曜

江古田のコミュニティーパン屋さん Vieill (ヴィエイユ)

vieill_01
いい雰囲気のパン屋さんだけど、営業時間が16時からだったからなかなか行けなかったお店。
最近14時オープンになったということで、今回はパン&ギャラリー「Vieill」を紹介します。

 

 

vieill_02
千川通りにたたずむ、おしゃれな外観。
パン屋さんだけど、中でお酒を飲めるし、簡単な食事もできるし、月によってイベントや個展もやっているという不思議なお店なんです。
お店に入ると、対面式カウンターで、お兄さんが美味しい食べ方を説明してくれます。
この感じは、昔懐かしいパン屋さんの雰囲気なのかしら。
お客さんが来るたびに世間話に花が咲く、お話上手なお兄さんです。

 

 

vieill_03
店頭に並んでいるのは素朴な食事パンが7〜10種類。
パン屋さんとしたら、けっこう少なめだけど、国産小麦、天然酵母を使い、12時間発酵。夜8時に仕込んで、次の日の12時に焼き上がるという手間ひまかけた、作品のようなパン達です。

 

 

vieill_04
食事パンに特化しているのは、パンをご飯のように食べてほしいという思いからだそう。
また、少し白めの焼き具合なのは、高齢者の方からお子様までみんなが食べやすいように工夫したもの。
江古田は美味しいパン屋天国。
エコレポの地図に載っているパン屋さんはどこも美味しいから、迷っちゃうの。
パン好きには魅力的な街だわ。

 

 

vieill_05
小麦粉と奄美大島産のきび砂糖で作ったケーキ/350円

 

 

vieill_06
天然酵母パンのホットサンド&自家製ドリンクセット/850円

 

 

vieill_07
北海道産はるゆたか100%のあかちゃんぱん/420円。
パン好きには有名な高級小麦「はるゆたか」と天然酵母ホシノを使用!
外はパリッと中はもちもちの食感。

 

 


Vieill Bakery cafe & Gallery

03-5996-3485
練馬区旭丘1-56-2
 
【営業時間】
月-土/14:00〜21:00
日/12:00〜18:00
 
【定休日】
水曜

江古田のガレット&カフェ norari:kurari

 

20150915_01
江古田商店街のテーマソングが流れる日当りの良い曲がり角にあります。
風通しも最高。居るだけで癒されそうなお店です。
一階はわんちゃんを連れてそのまま入れるので、ペット同伴のお客さんも多いそう。

 

 

20150915_02 20150915_03 20150915_04 20150915_05 20150915_06
店長の相場さん。
店内には相場さんの選んだ雑貨がたくさんあります。
江古田の雑貨屋さんにも詳しい!

 

 

20150915_07 20150915_08
二階はとても広い禁煙席になっています。
本を読みながらゆっくりするのもいいわね〜。
セレクトが江古田っぽいです。

 

 

20150915_09 20150915_10
カウンターで注文すると料理を席まで運んでくれます。
カウンターまわりには雑貨やケーキが並んでいて賑やかなかんじ。
ガレットを中心に、パスタ、リゾット、ごはんものもあります。デザートガレットも豊富。
街の移ろいを感じながらつい長居したくなっちゃうくつろぎカフェでした。

 

 

20150915_11
生ハムのガレット ランチセット1100円
(食事のみのテイクアウト 850円、ドリンクセット900円)

 

 

20150915_12
あぶりサーモンアボカドご飯 ランチセット1100円
(食事のみのテイクアウト 850円、ドリンクセット900円)

 

DSCN0419
マスカルポーネチーズとメープルのガレット ドリンクセット880円
(単品780円)

 

 


norari:kurari cafe&galette(ノラリクラリ カフェ&ガレット)

03-6914-5250
練馬区栄町34-6

 

【営業時間】
月-土/11:00〜23:00
(Food L.O.22:00〜)
日・祝/12:00〜22:00
(Food L.O.21:00〜)

 

【定休日】
年末年始(HP参照)

 

http://www.ultrastyle.jp/norari-kurari-cg/

江古田の雑貨屋さん オイルライフ

oillife_01
「江古田ってかわいい雑貨屋さん多いよね〜。」と言うとき、なんとなく頭に浮かぶのがココ。
音大通りのステキ感をかなりアップさせている雑貨屋さんです。

 

 

oillife_02
オイルライフは8年ほど前にオープン。
オーナーが以前に住んでいたこともあり、街の雰囲気が好きだった江古田で雑貨屋をすることを決めたそう。
そして、元バイヤーのオーナー夫婦が、お互いの好きなものを集めていたら、いつしかまったく違う2つのテイストのお店に!

通称オイルライフだけど、正式名称は『オイルライフ・グレース&ニュークリアス』。長い…。
2006年にお店を拡張して、二人の仕入れ品を分けたら、縦に長〜いお店になりました。

 

 

oillife_03
oillife_04
『オイルライフ・グレース』が手前で、ナチュラルテイストの女の子向け。
アロマ系、キッチン用品、アクセサリーと服、ベビーグッズ等。

 

 

oillife_05
隠れ家みたいなお店の奥にある『ニュークリアス』は、こだわりのある男子に良さそうな内容です。
おしゃれな男の子の部屋みたい。

 

 

oillife_06
クリスマス前ということで、この時期ならではのグッズも充実。
それこそ、吉祥寺や代官山で売っているようなセンスのいいものが
ご近所で買えるのはうれしい限り。

oillife_07
オイルライフオリジナル、クリスマスリース1995円。

oillife_08
お正月用も!これステキ!

 

 

oillife_09
珍しいものは、海外に住んでいる友達に買ってきてもらったりするそうです。
喜ばれそうなベビーグッズもあるから、何かしらギフトに困ったらここに来るべきかな。

 

 

oillife_10
oillife_11
お友達のお宅で出てきたら「か、かわいい〜!」ってなりそうな動物スプーン(399円)。

 

 

置いてある商品でなくても「こんなものありますか〜?」って聞いたら、出来る限り対応してくれるそう。
さっそく私も、”髪の量がとんでもなく多い私でも使える、バナナクリップを!”とお願いしてきました。
そんなのある〜?

 

 


OILife grace&nucleus(オイルライフ・グレース&ニュークリアス)

03-5912-5246
練馬区栄町 40-13

【営業時間】
11:00〜21:00
(日祭のみ13:00〜)

【定休日】
不定休

http://www.oilife.info/

江古田のスペイン・ モロッコ料理 ALANDALUS! (アランダルース)

 

alandalus_01
alandalus_02
これを食べるために遠方から来てもいい!! と、思わせるスペイン・モロッコ料理。
すでに有名ですが、リニューアルオープンしたので紹介しちゃいます。

 

 

alandalus_05
alandalus_03
以前は、2階部分の半分がお店でしたが、今回の改装で2階全体になりました。
厨房もタイル張りでかわいい〜。
なんと、今回の改装はオーナーシェフのタヒリさんお手製。

 

 

alandalus_06
alandalus_04自らデザインし、タイルなどをモロッコから持って来て、伝統的なお店の雰囲気を再現したそう。
今までなかった奥のスペースは、喫煙者のための個室だそうです。

いわゆる、こじゃれたスペイン料理店じゃなくて、本物感があるのがいい感じ。
現地で愛されるお店はきっとこんな感じなのでしょうね。

 

 

alandalus_07
オーナーシェフのタヒリさんは、スペイン人とモロッコ人ハーフ。
10年前に来日し、日本でスペイン料理のシェフをしていました。
江古田の雰囲気が気に入って、この地にレストランを開いたんだそうです。

 

 

alandalus_10
さて、エコちゃんの好物でもあるタジン鍋は、メニューによってぜんぜん味が違います!
1番高い、ビーフのタジンは、よく煮込まれていて柔らかくコクがある。
チキンのタジンは、かなり大降りなほろほろチキン。
オリーブがゴロゴロ入っているのが最高♪

他にもミートボールやチヨリソーの入ったトマト味のタジンなど、日本にはない味付け。
でも、どれもいける!パエリアはシーフード満載でぜいたく。
スペインの観光地で食べたパエリアより美味しいぞ!

 

 

alandalus_08パエリアセット(サラダとモロッコティ付)
1100円〜1400円

タジンセット(サラダとパン、モロッティー付)
1100円〜1400円

 

 

alandalus_09
セットで付いてくるモロッコティーは、ミントのようなスッキリした味。
ボリュームたっぷりのお料理の後で、お口の中がすっきり。

 

 

1ヶ月に1回、夜はベリーダンスをしているんだそうです。
日にちは問い合わせを!

 

 


アランダルース (ALANDALUS)

03-3565-1301
練馬区旭丘1-75-1-2F

【営業時間】
11:00-15:00
17:00-23:00

【定休日】
火曜

ブランド古着の買取販売 BAZZSTORE (バスストア)

bazzstore_04
一昔前までは古着屋というと、ヴィンテージのGパンだったり、裾が広がったサイケなパンツが売っている個性的なお店のイメージだったんですが(それは古すぎ?)、最近の古着屋さんはなんだかおしゃれな雰囲気。

 

 

bazzstore_05
bazzstore_06
江古田、桜台から展開して、今や古着の聖地下北沢にまでお店を構える『バズストア』は、高級ブランド品と古着の真ん中。
古着だけど、デパートなどで売っている1万円以上の服や小物が、半額以下で買えるセレクトショップのイメージ。
店員さんもおしゃれだし、使える商品が揃っています。
これが、けっこういい買い物ができるんです。
しかも、セール品以下の値段で。

 

 

bazzstore_02
普通のお店と違うのは、自分の持ち物を売ることもできるところ。
 
数年前に買ったポーターのカバンたち。
最近はすっかり使う機会を失い、クローゼットに眠っていました。
今回は、これらを査定してもらいました。
査定は30分程度です。

 

 

bazzstore_01
結果は、キャンバストート2000円(Cランク)、ウエストポーチ4000円(Bランク)。
両方とも元は同じくらいのお値段だったけど、差が出たのは、使用感のレベルとデザインの新しさ。
1万円ちょいくらいのお値段だったから、使用したのにこの買取価格はかなり嬉しい!

 

 

bazzstore_07
そして、手に入ったお金で新たに5900円のヴィオラドーロの鞄を購入!
元値34,500円らしいです。
 
割引率が高いとさらにテンションが上がるわ!
いい買い物した!

 

 

bazzstore_03
おこさまと散歩の途中にショッピング。
賢く買い物できるわね。
おしゃれなパパ向けの商品もいっぱいです。

 

 

使わないものは売る!必要なものを買う!
これってエコな買い物よね♪

 

 


BAZZSTORE 江古田店

03-6908-0112
練馬区旭丘1-58-11
 
【営業時間】
12:00~22:00
 
【定休日】
年中無休
 


BAZZSTORE 桜台店

03-5946-9863
練馬区豊玉上2−21-18
 
【営業時間】
12:00~22:00
 
【定休日】
年中無休

カフェ併設になりました! LOQUACE (ロクアーチェ)

 

loquace_01
loquace_02江古田駅南口から徒歩3分。
10年以上前からある江古田のパン屋『ロクアーチェ』が、今年4月にリニューアル。
カフェを併設になりました!
トレードマークの赤い外観もよかったけど、リニューアルしておしゃれ度がさらにUP!

loquace_07
江古田駅周辺は硬い食感のハード系パンを扱うお店が多いけど『ロクアーチェ』は、柔らかい食感のソフト系のパンやお惣菜パンが中心。
オーナーの堀野さんの「子どもからお年寄りまで楽しんでもらいたい」という思いからなのだそうです。

 

 

loquace_03
loquace_04
パンは店頭で対面販売になりました。

 

 

loquace_05
バターの芳醇な香りとしっとり&もちもちの食感が楽しい「四角いクロワッサン」(180円)

 

 

loquace_06
デニッシュ生地にカスタードクリームが入った「クイーンシュー」(200円)

 

 


LOQUACE (ロクアーチェ)

03-5984-3103
練馬区栄町1-8 小間屋ビル1F

【営業時間】
営業9:30-20:30
※ランチタイムは11:30〜14:00

【定休日】
不定休

OTTO2(オットニ)

%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%9d%e6%96%b0%e6%98%a5%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88web%e7%94%a8

otto2_01
otto2_03
絵の先生だったオーナーのお店に飲みに通っていたら、いつのまにかお店を任されることになったという店長の手塚さん。

 

 

 

otto2_02
オーナーさんは現在長野でCosiRosi otto3(コジロジオットサン)というお店をオープン。
その長野で作っているこだわりの薫製が食べられるお店としても評判。
自家製生ハム・サラミ・チーズなどの盛り合わせ(1630円)はぜひ食べて欲しい。
「いいものをお得に」というオーナーさんのスタイル通り、手間ひまかけたものがお得な値段で楽しめます。

 

 

otto2_07
自家製スモークチーズ 550円

 

 

otto2_08
自家製スモークベーコンソテー 550円

 

 

 

otto2_05
20〜21時はハッピーアワー、ビールとワイン以外のドリンクが半額。
リッチなウイスキーもお得に飲めちゃいます。

 

 

 

otto2_06
otto2_04
火曜日は定休日ですが、現在、日本酒や焼酎メインの「和オットの日」としてお店を開けています。
月1回ほど店内でライブもあって楽しめる、江古田のオトナの隠れ家。

 

 

 


OTTO2(オットニ)

03-3993-2385
練馬区栄町6-13 1F

【営業時間】
20:00-翌5:00

【定休日】
火曜

http://ottootto.info/
FacebookとTwitterもあります☆