赤城牛を食べ尽くす♡肉の専門店ジャンプ直営の肉バル!桜台バル

スクリーンショット 2017-12-12 12.44.00

 

桜台駅からすぐ、黄色いひさしが目印の肉の専門店ジャンプさんは練馬人なら知ってるはず。私も美味しいお肉を買いたい時は頼りにしておりました。

そんなジャンプさんが創業30周年を迎え、前々から計画していたという“肉バル”を店舗のすぐそばにオープン! 早速予想以上の盛況ぶりで、早くも2号店の開店が決まっているとか。お肉屋さんの本気、見せてくれてますよ~!

「お肉を売るだけじゃなくて、食べてもらって直に反応を見たい!」というお肉屋さんならではの思いから誕生した桜台バル。

レトロなジャンプさんの外見とは真逆の、今時でオシャレな外観、広い店内、そしてすごい数のメニューにまずは度肝を抜かれます。ステーキだけでこの品揃えなんて見たことない。入荷状況によって、赤い印がついているものが注文できるという仕組みです。ブリスケ、カイノミ、シキンボなんて聞いたことのない名前もたくさんありました。希少部位ってやつね!

お通しから豪華な冷静バーニャカウダは、これから食べるお肉をより美味しく感じさせてくれるようにさっぱりした味に仕上げたそう。

お店のイチオシのステーキ3種盛り(¥3590)は、その日のステーキをたっぷり盛り合わせた売り切れ御免の超お得メニュー。そのままでも、ワサビ醤油とバジルマスタードにつけてもOKだからこの1皿でお肉を何通りも楽しめちゃうんです。

男性同士で来ても大満足のボリューム。まさにお肉屋さんのいいとこ取り!

そして大人気の肉寿司(¥990)! このレアなお肉の輝きがたまりません。酢飯とガリが予想外にもお肉と相性ぴったり。

お肉のお共にマストな前菜の盛り合わせ(6種 ¥890)は、マリネやコールスロー、チャンジャなど、箸を休めつつお酒もすすむ内容です。

ステーキはもちろん、バーニャカウダソースも、手ごねハンバーグも、ローストビーフも全部レシピから考えたお店仕込み。

そして、ここはワインのお店でもあります。1杯390円からという親しみ安いラインナップでぐいぐいけちゃうわよ〜。

ランチもお見逃しなく!

牛スネ肉をデミグラスで煮込んだソースで食べる赤城牛のハンバーグ(¥880)、ステーキ(¥980~)などはすべてライス、サラダ、スープつきでこのお値段です。

お子さん用の椅子も用意してあるから、家族で来店しやすいわね。

 

 

 

 

========================================

桜台バル
住所:練馬区豊玉上2-19-11
電話:050-5783-2383
営業時間:
ランチ 11:00~15:00(L.O.14:00)
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30)

店員

室内で釣りたてをおつまみに♫ 自由すぎるつりぼりカフェ

近年、どんどん本格派のお店が充実して来た練馬駅東口。その中でものすごいエンターテイメントカフェ兼居酒屋ができました。なんでも、店内には水槽があって、雨の日も風の日も飲み物を嗜みながら気軽に釣りができるとか……。しかも、釣った魚はその場で料理してもらえるらしい。

店員

スタッフさんは、子供の頃から色々な釣りをして来たそう。某遊園地の釣り堀の運営も行なっています。だからお魚の管理に関してはお手のもの! 寒い中、お酒でも飲みながらのんびり釣りができたらな~と思い実験的に開店したところ、その斬新なスタイルが話題を呼び、親子連れやカップルで土日は待ち時間ができるほど人気に。もちろん、スタッフさんたちとの話を楽しみに釣り好きさんも集まります。全国探してもここにしかないお店が近場にあるなんて超ラッキー

釣り堀

店内には大きな水槽が! その周りをぐるっと囲むようにテーブルと椅子が設けられています。目の前の水の中で元気に泳ぐのは、生後1年弱のニジマス。まずは竿にエサをつけるところからスタートです。ここがポイント! エサが針に上手に貫通していることが大事。スタッフさんが優しく教えてくれるから初心者でも大丈夫。いざ、水に糸を垂らすと寄ってくる食べ盛りの魚たち。あっという間に一匹目が釣れました。1時間で7匹も釣れて満足顔~。と思いきや、楽々20匹くらい釣るお子さんがたくさんいるそう。これ、本当にあっという間の1時間!

机の上のカウンターで釣った魚を数えます

取れた魚

押すのも忘れるくらい夢中になっちゃう……

料金は1時間1000円で、魚は釣り放題。(料理してくれるのは10匹!)食べ方は、唐揚げと天ぷらから選べます。さすが、さっきまで生きていただけあって臭みがなくて身もホクホク! 天ぷらは誰にでも食べやすい優しいお味。

釣り道具

ちなみに、釣りをしなくても入店OKだから、お魚を眺めながらカフェorバーとしても利用できます。レジの横にあるレトルト食品も実はメニューのひとつ。

その場で好きなものを買ってあっためてもらっちゃってー! なんでもありの超ラフスタイルのお店ですが、安全対策として針の返しは除いてあります。安心して楽しんでね!

料理

唐揚げは魚本来の苦味も味わえるから、大人のおつまみにもぴったりよ。頭から丸ごと骨まで食べらるから、体にも良さそう~♡

※小学生以下の入店は保護者同伴

(店舗情報)

つりぼりカフェ「Catch and Eat」

練馬区練馬1-35-1-106

03-5912-0838

営業時間:12:00~22:00

定休日:無休

備考:時間帯分煙(17:00まで禁煙)

パパはお酒、子どもは釣り。親子で楽しめそうね。あとはカップルだと楽しいかな~。本気の釣り堀は寒いから、こっちがいいわ。

 

%e3%82%a4%e3%83%96%e3%81%95%e3%82%93web

氷川台で超カジュアルフレンチ&本物のアフリカ料理@オンクルイヴ

完全ノーチェックだった氷川台(失礼)に、最近とっても興味深いお店ができていました!

%e5%a4%96%e8%a6%b3web

西アフリカ出身のオーナーシェフ イヴさんの小さなお店です。

%e5%86%85%e8%a6%b3web

席は6席とテーブル席1個だけ。

 

料理は、フランス料理を基本としたカジュアルな料理。専用のオーブンで焼いたロティスリーチキンなどが食べられます。

%e3%82%a4%e3%83%96%e3%81%95%e3%82%932web

イブさんは陽気で楽しい♪そして料理に熱い!

実はこのイブさんの経歴がスゴい。

西アフリカ出身で1991年にベルギー大使館大使館のシェフとして日本に来日。その後、André Pachon、Philippe Battonやオテル・ドゥ・ミクニなど各店で働き、1997年にはパリのロティスリー専門のLeon LABROCHEにてロティスリーに関する技術をマスターしてスペシャリストとなる。そして、神楽坂と麹町にお店をオープン。とても人気のあるお店でしたが、ゆっくりしたいと、2012年にお店を閉め、ロティスリー専門のオーブンを販売する会社を経営していました。しかし、最近縁があり、ご近所である氷川台で小さなお店をまた始めることになったそうです。

お店の場所は氷川台のサミット近く、JA向かいの完全なる住宅街。せめて練馬駅付近とかにした方が…と思いましたが、イヴさん曰く、料理に自信があるし、いいお店は隠れたところにあるから!とのこと。確かに、こんなお店がこんな住宅地に?!というインパクトはあります。

さて、このお店、コスパも素晴らしい♪

ランチは、イブさんが他の仕事もあるで残念ながら金、土、日のみ。急いでる人にはビジネスランチ1000円。で本格的なロティスリーがたっぷりのったメニューが食べられます。メニューマダム(2300円)というのもあり、こちらはテリーヌから始まるコースメニュー。時間がある時は、ぜひこちらを堪能したいですね。ボリュームがあるから、食べきるの結構大変でした!

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%99webさて、このお店、月曜日と木曜日のディナータイムに完全予約制でアフリカ料理のコースが食べられます。内容はイヴさんのインスピレーションで決まるため、毎回違う&何が出てくるかわからない。アフリカ料理自体も想像つかないから、完全にわかりません。3900円と5900円の2コース。日本人はきっと食べたことがない味だそうですよ。

今回はロティスリーを食べて、それはボリューム満点で美味しかったけど、メニューを見ると、テリーヌやリゾットとかもあり、試してみたいものが色々あります。カジュアルなものが多いけど、経歴からいって、コース料理のレベルもかなり高いんだろうな。アフリカ料理も食べてみたいし。夜はバーみたいな感じで、お酒とおつまみがメーンです。夜はすっごく楽しいらしいですよ~。

%e3%82%a4%e3%83%96%e3%81%95%e3%82%93webアフリカ料理を語るときのイブさんがスゴい!アフリカの家庭料理のようなものではなく、芸術的なコースメニューが出てくるみたい。日本で食べられるのはここだけかもしれないです。かなり興味深い。。。

%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%812webメニュービジネス(スープorサラダとロティスリーチキンorロティスリーポークから選べます。写真は、バターナッツパンプキンのスープとポークとチキンのミックスで1500円。ランチのみ)

夜に人気のメニュー

%e3%82%a4%e3%83%af%e3%82%b7%e3%81%ae%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%8dwebイワシのマリネ600円

%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%8a%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bcwebバナナフリッター550円

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9webランチボックス700円

イブさんのいるカウンターに座っていると、なんだか日本じゃないみたいです。しかも、まさかの氷川台。自転車でこんなお店に行けるなんて贅沢な感じだわ。

もうすぐクリスマス!スペシャリストのロティスリーチキンは予約しなきゃね。テイクアウトできますよ~。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%b3webそしていつかアフリカ料理のコースを食べなくてはっ!

オンクルイヴ

090-9803-4765

練馬区桜台3-14-13

営業:月-木 14:30-24:00 金-日11:30-24:00

火曜定休

ドリンク

八百屋さんの血を受け継ぐ大人のベジタブル料理♡八百屋バル

外観1

2015年12月、新桜台駅から徒歩3分の場所にOpenした八百屋バル。

ネーミングから、野菜を主役にしたお店なのは察しがつくわよね。でも、バルって、バーと食堂のいいところを掛け合わせた“ちょっと一杯orしっかり食事”の両方ができるスタイルのお店のはず。お酒のおつまみって、サラダの後は肉や魚料理っていうイメージの人も多いんじゃないかしら? いえいえ、心配ご無用。地下にあるちょっと隠れ家的なお店には、そんな常識忘れちゃうような美味しくて楽しい創作料理が溢れていました。

内観2内観3内観4

お店はカウンターのみながら、背中側の空間も広めでゆったり座れます。

シンプルだけど、女性客が多いのも頷ける居心地の良さ。一膳ずつ違う柄のお箸が可愛い〜。

野菜料理だけでなく、ビール350円、日本酒(半合)400円〜と、定番のお酒もかなりリーズナブルです。

さて、ここからが「八百屋バル」の真髄よ〜!

内観5料理1

黒板から好きな野菜を三種類チョイス! お店一押し「ベジージョ」500円料理2

「鶏ササミのアジアン生春巻きサラダ」650円

料理3

「安曇野放牧豚のたっぷりネギ塩ポンズ」850円

旬の野菜を毎日仕入れに行く先は、主に馴染みの八百屋さんたち。最良のものを見つけるために、何件もはしごすることもあるとか。自分の目で見て、触って、本当に良いものを厳選しているそうです。時には、全国各地の信頼する農家から旬の野菜が送られてくることも。

というのも、店長の水田さんのお義父さんは元八百屋さん。その時のつながりを受け継いで、手頃な値段で、もっと身近に野菜を楽しめるお店を作りたいと思ったのが八百屋バル誕生のきっかけでした。

ドリンク

「フロージングフルーツジャーカクテル」550円

デザート

「ジャーカクテルで残ったフルーツはパフェに!」350円

美味しい料理の数々とも相性ぴったりなのが、見た目から女子の心をくすぐるフロージングフルーツジャーカクテル。凍らせたトマトやりんご、キウイ、オレンジがカクテルを冷やしながら抜群の風味をプラスしてくれます。飲み終わったら、残った果実はパフェに変身! う〜ん、この展開最高です! 最初から最後まで、八百屋さんの美味しいところを余すところなく楽しめるバルでした。

外観2

 

 

___________________________

八百屋バル

練馬区栄町21-10サンライズ江古田B1-A

(03) 5946-6866

営業時間:17:00〜24:00(L.O. 23:15)

定休日:水曜

capca_01

【chick Flich Bakeに変わりました→】あるときはライブ会場、 あるときはアートギャラリー 変身するカフェ&バー カプカ

capca_00
capca_01江古田駅と東長崎駅の間にある、穴場的カフェ&バー『カプカ』。
東長崎ってノーマークだったから、驚いたわ。
オーナーがかつて住んでいた家をセルフリノベーションして作り上げた空間は、かなりのハイセンス。
クリエイティブな人たちが集まる情報発信基地でもあるんです。
代官山とかにありそうなカフェよね。

 

 

capca_02
capca_03
1階はテーブル席とキッチン。
居心地の良さを感じる内装は、オーナーとその仲間たちが自ら手掛けたらしい。
さすがおしゃれです。この日は油絵作家の北見美佳さんの作品を展示中。
お料理と一緒にアートも楽しめちゃうなんて、ここは本当にご近所か?
お昼の客層は地元のママたちがメイン。
夜になるとふらりとご年配の方や学生さんが入ってきたり、モノをつくっている作家さんが訪れたりも。

 

 

capca_05
2階はソファもある広々としたスペースで、ゆったりくつろげます。
そしてなぜか店内に本格的な音楽機材が!?
実は、オーナーの小松さんはサウンドクリエイター。
2階スペースはライブ会場になることもあるんです。
そのほか、イベントや展示、物販、クリエイターへのスペース貸し出しなどさまざまな催しを企画。
クリエイティブな人が集まり、いろんなことに挑戦できる場所として地域の人に認知されてきているみたいです。
今後は家具やメニューブックを作家さんと一緒に作っていったり、外壁に自由に絵を描いてもらおうという計画もあるとか!?

 

capca_06
鍋ナイトに映画鑑賞会、ライブ、マーケット、そしてゲームナイト・・・
本当に幅広いジャンルのお楽しみがいっぱい!

 

 

capca_07
ごはん+スープ+ドリンクで980円。
写真は「たっぷり野菜のラタトゥイユ」。
ライスかパスタを選べます。
ランチのメインメニューは、手に入れる食材によってランダムに変わるそう。
アラカルトメニューも豊富!

 

 

capca_08
「ほうれん草と生ハムのジェノベーゼパスタ」(単品780円)は、昼も夜も人気のメニュー。

 

 

capca_09この日のオススメは、柿を使ったパウンドケーキに、柿ジャムをのせたバニラアイスを添えたデザート。
季節の味を生かしたスイーツは全て自家製!
カフェタイムは地元のママ&キッズの利用も多いそうです。

 

 

capca_10
夜はなんと24時まで営業!
「鶏もも肉のアンチョビバターソテー」(780円)など、お酒に合うおつまみメニューも豊富です。
次は、休日に家族で行ってみるかー。

 

 


capca(カプカ)

03-5926-5142
豊島区長崎5-5-3

 

【営業時間】
12:00-17:00(L.O16:30)
18:00-24:00(L.O23:00)

 

【定休日】
月曜

otto2_06

OTTO2(オットニ)

%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%9d%e6%96%b0%e6%98%a5%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88web%e7%94%a8

otto2_01
otto2_03
絵の先生だったオーナーのお店に飲みに通っていたら、いつのまにかお店を任されることになったという店長の手塚さん。

 

 

 

otto2_02
オーナーさんは現在長野でCosiRosi otto3(コジロジオットサン)というお店をオープン。
その長野で作っているこだわりの薫製が食べられるお店としても評判。
自家製生ハム・サラミ・チーズなどの盛り合わせ(1630円)はぜひ食べて欲しい。
「いいものをお得に」というオーナーさんのスタイル通り、手間ひまかけたものがお得な値段で楽しめます。

 

 

otto2_07
自家製スモークチーズ 550円

 

 

otto2_08
自家製スモークベーコンソテー 550円

 

 

 

otto2_05
20〜21時はハッピーアワー、ビールとワイン以外のドリンクが半額。
リッチなウイスキーもお得に飲めちゃいます。

 

 

 

otto2_06
otto2_04
火曜日は定休日ですが、現在、日本酒や焼酎メインの「和オットの日」としてお店を開けています。
月1回ほど店内でライブもあって楽しめる、江古田のオトナの隠れ家。

 

 

 


OTTO2(オットニ)

03-3993-2385
練馬区栄町6-13 1F

【営業時間】
20:00-翌5:00

【定休日】
火曜

http://ottootto.info/
FacebookとTwitterもあります☆

pocant_02

POCANT(ぽかんと)

pocant_03
ヒップホップダンスやスキューバダイビング、テニスなど多趣味なマモさん。

 

 

 

pocant_01
のんびり、ぽかーんと、口を開けるような、ゆったりとした時間を過ごしてほしいという思いから、このPocantを江古田で始めて、今年で10年。

 

 

 

pocant_02
仕事モードからリラックスモードに気持ちを切り替える場所として、通い続けるお客さんも多いそう。
プロジェクターでスポーツ観戦しながら盛り上がるイベントもあり。
定休日に、ワークショップや展示、ミニライブをすることもあるんだそう。

 

 

 

pocant_04
自家製のサングリアが女性に人気!9種類の材料を独自にブレンドしていて、豊かな香りはまるでスイーツを食べているみたい!
マモさんこだわりのビールも要チェック。
メニューにはカクテルの丁寧な解説もあって、バーデビューにもやさしいお店です。
500円のミニオムハヤシライスは、音大生の間でも噂になるほどのおいしさ。
成人した2人のお子さんを持つマモさんは子育ての話題も豊富。
ママさんとの会話も盛り上がります。
お通し代がないのもお財布にうれしい!

 

 

 

pocant_05
エビとブロッコリーのアンチョビオイルソテー 780円
鴨の生ハムのミニサラダ 580円
ガーリックトースト 280円

 

 

 


POCANT(ぽかんと)

03-3994-0031
練馬区栄町3-5
 
【営業時間】
18:00-翌1:00
(料理LO 0:00)
 
【定休日】
日曜
 
http://www.lautomne.jp/