料理all_01

本場のタイ料理が食べたい!@福道(ひょうたん)江古田店

女性が好きな外国料理といえばタイ料理!(ですよね?)

個性的なお店が多い江古田の中でもひときわ異彩を放っているのが、このタイ食堂。

日本人に合わせたお上品なタイ料理じゃなくて、いい意味でリアルなタイ庶民の味が食べられる貴重なお店です。

 

_外観_03

 

 

_menu_06

 

練馬の「タイ料理」超人気店が、2号店として、江古田に上陸したのが2年半前。

練馬店はイサーン料理が中心なのに対して、江古田店は、北部の街「チェンライ料理」。

ここ江古田店ではなんと、「カオソーイ」が食べられるんです。日本でいう秋田のきりたんぽ鍋のような地方料理。

他にも、日本のタイ料理屋さんでは食べられない料理がずらり。その数83種類!

タイにあるレストランより充実してますよ。

 

店内_02

_カオソーイ_04

↑ ランチ カオソーイセット¥880 言うなればカレーうどんのような感じ。

 

 

練馬店の岡沼さんの話では、日本のタイ料理屋さんは、1品の量が多く、値段も高め。だから何人かで行かないと色々食べられない。それで、小皿スタイルにすることで安く、また日本の文化、カウンターでの立ち呑みにすることで1人でも入りやすくしたんだそうです。

まさに、日本とタイの融合。

_厨房_04

また、本場タイからコックさんも連れてくることで、本物の味を提供することができるんだそう。日本にない食材は、年に3回、メーサイという街で2000店もある中で買い付けてきています。

 

 

↓ ランチ カオマンガイセット¥850 定番のタイ料理。辛いソースをかけなければ、お子様も。

_カオマンガイ_02

 

_ジャムエントン_01

↑ ジェムエントン ¥600 スパイシー牛スジ煮込み

 

↓ トムヤム茶碗蒸し ¥600  熱々のふわふわ茶碗蒸し。口に運ぶと味はトムヤムクン!

_トムヤム茶碗蒸し_01

 

↓ パクチーやっこ¥600 タイのあっさり辛タレとパクチーが合う!

_パクチーやっこ_01

 

 

↓ おつまみ2品&ドリンク1杯セットで¥980 お得! タイ料理でサクッと飲むのもいいですね。

_menu_03

 

↓パクチーハイ ¥480 パクチーの根っこを焼酎漬けに。

_パクチーハイ_01

 

_staff_02

笑顔が素敵なスタッフがお待ちしています!

 

*************

立呑タイ食堂 福道(ひょうたん)

練馬区旭丘1-71-4

TEL : 03-5906-5527

営業時間 :11:00~15:00  17:00〜24:00

 

定休日:第2.3月曜日

◯祝日も営業中!

 

キッシュランチ03

お一人様でもファミリーでもくつろげるバル@vivo daily stand

vivo店内02

menu05

小竹向原駅、徒歩3分のところにある複合店舗「サイマーケット」内に、

今年1月にオープンしたばかりの「vivo daily stand」があります。

vivo入り口02

花屋さんとギャラリーの間の通路を渡るとそこに。

 

「vivo daily stand」は、都内に約20店舗を展開する地域密着型のバルチェーン。

カウンターをメインとするvivoですが、この小竹向原店はソファ、テーブル席、またテラス席もあり、一番大きい店舗だそうです。

ファミリー層の多いこの地域では嬉しい限り!

 

キッシュランチ03

キッシュプレートランチ600円+カフェラテ200円。

アツアツで、チーズの香ばしい香りが漂う!

 

menu03

ランチは「キッシュプレート」と「カレーランチ」ともに600円!安いっ!

 

美味しいワインとデリ、またコーヒーも充実しており、ゆっくりしてもよし、サクッと一杯でもよし。

デリも種類が豊富で、組み合わせて自分の好みのプレートを作るってのもありかも。

量が多すぎないので、おつまみとしていけちゃいます。

vivo店内07

ここを拠点に知り合いができ、人と人とが繋がる場所。

そんなコミュニティバルを目指しているそう。お客様のカラーで染めてくださいと。

 

お一人様でも、お友達とでもファミリーとでも、くつろげること間違いなし!

テラス席は、ペット可なので、お散歩ついででも。

 

************

vivo daily stand 小竹向原店

〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-9-5 サイマーケット内

TEL : 03-5966-2277

営業時間  12:00~深夜2:00

(Lunch Time : 12:00-15:00)

定休日:水曜日

 

7

隠れ家的カフェで、自然派家庭料理を。@おかずやカフェ

前にも書いたような気がしますが、なんとな~く存在する小さなカフェがその街を魅力的にしている気がします。

この『おかずやカフェ』もその一つ。練馬駅から徒歩10分くらいの完全なる住宅街。

こんなところにカフェが?!ってところにあります。

12

以前は、おうちの離れにカウンターがあるスペースがあって、そこがカフェになっているという、本当に隠れた場所でした。

そこを最近建て替え、ご自宅の1階部分がまるまるカフェに!

経営しているのはここに住むマダム。

カフェをやってる理由は「主婦だったからお料理くらいしかできないのよ~」とのこと。

 

実はこのお料理が食べたくて通い詰めている若い人、結構います。また、カフェに立ち寄る人は、お子様連れからシニア層まで幅広い。静かな雰囲気だけど、小さなお子様を連れたママもいます。

7

5

 

お料理はプロの料理人ってわけではないんだけど、お味噌汁は出汁から丁寧に取っていたり、素材は自分が食べて納得いったものだったり、かなり手がかかっています。

 

もともと実家が自然栽培の農家。

今、安くで手に入る米や肉、野菜を食べると、化学肥料や農薬のにおいに違和感を感じるんだそうです。だから、お店では小さいときに食べていた自然な味の食材、材料を探して使っています。

 

11

うんうん。これは体が喜ぶお料理だっ!

okazucafe_01

 

 

さて、カフェではマダムが楽しみで行っている企画がいくつかあります。

子どもが作るお料理教室。犬のアンチエイジングの食事。日本のワイン会…。お店に集まった人たちから自然発生していく企画は、どれも趣味色が強い。この感じが、マダムの家にお呼ばれさせた感覚で楽しめますよ。

 

毎週金曜日は、リサイクル品、こだわりの低農薬野菜、漬物、焼き菓子などを売っているふらっと市もやっています。

3

 

外国人の友人がいたら、本当の日本料理は寿司や天ぷらじゃなくてこれなのよ!って言って連れて行きたい感じのカフェです。

IMG_1340

 

**********

おかずやカフェ

練馬区豊玉南3-15-9

TEL : 03-3994-6365

【営業時間】11:30-18:00

【定休日】火曜

1451317944906

練馬北口の南欧料理!ヴァン セレーノ

unnamed

1451319557699

絵本の中みたいね〜!

ヴァン・セレーノは、外観だけでも印象に残っちゃいそうな、南欧料理のお店です。

南欧料理ってなかなか聞かないわよね。

南欧料理の魅力は、イタリアンのような気軽な食事に加えて、フレンチのようや煮込みだったり、一手間二手間とかかるような料理を馴染みやすく食事できるところなんですって。

シェフが初めて西洋の料理を習った場所が南欧料理のお店だったそうで、それを受け継ぐことにしたのだそう。

どちらの良さも味わえるなんて、欲張りさんには最高ね!

14513179449061451318354081

内装は、すべてシェフのアイディア。

会社帰りの人、家族連れ人、老若男女様々なお客さんから大好評です。

ワインに合わせて、チョイスするようにお料理を頼むお客さんが多く、中でもお酒に合わせやすいのはやっぱり手切り生ハム。

食べ放題もあって、切り立ての生ハムをひとつのテーブルにつき1500円で食べられるのが魅力的ね。

一番人気の和牛を使った”大人のハンバーグ”は是非一度食べてみてほしいそうです。

1451317985690

リンゴとフェタチーズのサラダ仕立て ブルーチーズソースで 700円

1451318070770

サバとマッシュポテトのテリーヌ シチリアパン粉で 800円

1451318118814

エスカルゴとキノコとポロネギのキッシュ 650円

 

 

03-5999-8199

練馬区練馬1-18-18

【営業時間】

ランチ 11:30〜13:30(L.O)

ディナー 18:00〜23:00(L.O)、日・祝22:00

*不定休

IMG_7017

優しい味のハラールイタリアン プランポーネ

unnamed

IMG_6998

江古田駅南口から、千川通りを挟んですぐの静かな住宅街に佇むイタリアン。

普通のイタリアンとちょっと違うのは、お料理のすべてがハラール料理としても完成させているところです。

日本でも最近たま〜に耳にするハラール料理は、もともとは主にイスラム教徒の人が食べられるお料理のこと。

あれ? でもイタリアンて、イスラム教徒の人が少ない国の料理よね! 両立できるものなの!?

なんのなんの、これがすごくヘルシーで美味だと評判なんです。IMG_7017

店長のムジャハットさんは、日本の有名なイタリアンチェーン店で20年近く働いた後、

大好きなイタリア料理のお店を江古田に開店することに。その際、

「誰もが安心して、からだに良いものを美味しく食べられるようにしたい」という思いから、レシピを考案しました。

ハラール料理で表現するのはとても難しいイタリアンですが、料理歴28年の実力派店長さんが、

ドレッシングや、ソース、使用するコンソメなど、調味料まで手作りしています。

近所の方から、遠方のムスリムの方まで、みんなに愛されるお店です。

IMG_6995

IMG_6990IMG_6992IMG_6994IMG_6988

店内は、優しい木目調のデザイン。

子供からお年寄りまで、みんながくつろげる工夫がお店のいたるところに見られます。

一般的に、ちょっと敷居が高い印象のイタリアンですが、こんな雰囲気ならリラックスして楽しめそう。

「プランポーネ(バングラデッシュ語で、心をこめて)」の名前の通り、心あたたまるお店です。

それにしても、名物店長さんの笑顔が素敵だったわ〜

 

12295322_985965678129852_6594682424559809894_n

大粒!北海道産ホタテの旨味バターソテー 3粒850円

12301601_985965688129851_5212810950800520668_n

うま味引き出す香ばしニンニクと自家製ピリ辛トマトソースパスタ 900円

12279029_985965701463183_2166049032160344860_n

プリプリ海老とブロッコリーのやみつきアヒージョ 700円(セットバケット100円)

 

 

 

03-3991-5944

練馬区豊玉上1-9-5ハコビル1F

https://www.facebook.com/pranpone.jp/

【営業時間】

ランチ 11:30〜14:30(L.O)

ディナー 月・火・木 17:00〜19:30(L.O)、金・土・日・祝 17:00〜21:00(L.O)

【定休日】: 水曜日

内観hp

練馬名物よんちゃんの2号店!焼肉酒場よんちゃん

unnamed

2014年11月にオープンしたよんちゃん2号店「焼肉酒場よんちゃん」はご存知ですか?

外観

 

1号店の「ホルモン屋よんちゃん」は、週末は入れない人気店。2号店ができて、少し入れるようになったかな。でも、日曜日の18時には満席でした。

 

1号店よりも、少しリーズナブルで、席も広め。ファミリーにはこっちが居心地がいいかもしれません。私はいつも2号店に行きます。

内観hp

 

よんちゃんの魅力は、何と言ってもお肉のクオリティーとお店の賑やかさ。

 

店主のよんちゃんの面白いキャラクターがお店にもなんだか反映されています(笑

タン刺しhp

 

今回はタン刺しに挑戦。よんちゃんのお肉は刺しにできるくらい新鮮でいいものなんです。

 

何を頼んでも間違いないけど、2号店はとりあえず名物の”よんちゃんカルビ”と”よんちゃんロース”は頼んでおきたい。これで490円はかなりギリギリの値段なんじゃないかな。

IMG_0246hp

 

サイドメニューはなんでも美味しい。何年も修行を積んだよんちゃんの作る味は間違いないです。

IMG_0252hp

 

2号店はワインも充実しているそうです。ついついやかんに入った生マッコリ頼んでしまうのですが、次回はワイン行ってみよう。ホルモン9品盛り合わせ(2200円)も、次回挑戦したいメニューです。

サイドメニューhp

よんちゃんカレーhp

 

エコレポ編集者一番のお気に入りは上レバー(490円)。軽く炙って、ごま油と塩と生姜のタレにつけて食べると、まるでゼリーのような甘みもあります。レバーが臭いなんてとんでもない。新鮮なものは甘いんですよ~

IMG_0242hp

 

脂つきホルモン490円

このジューシー感はすごい。火がついて大変なことになります。

焼く

 

焼肉酒場よんちゃん

03-6914-5335

東京都練馬区豊玉北5-15-10

17:00~翌5:00

 

IMG_6779

江古田女性がハマるイタリアン❤︎カフェブル

unnamed

江古田駅北口を出てすぐ。西武線からもよく見える建物の二階の素敵な空間がカフェブルです。

イタリアの星付きレストランなどで修行を積んだ若きシェフが生み出す料理はいつも驚きでいっぱい。

江古田に開店して11月で2年を迎えたそうよ。

今では入荷状況によって変わる豊富なアラカルトメニューを楽しみに訪れるファンもたくさんいます。

「いい響き〜♪」なんて気軽に注文してみたら、「こんなの食べたことない!」と感動するはず。

イタリアンの定番を覆す「全部、劇的に美味しいメニュー」を目指していると聞いて納得だわ!

IMG_6791

IMG_6786IMG_6793

店内はソファー席を中心に広々としているので、お酒を飲みながらゆったり寛ぐことができます。

このワインはこんな料理にオススメ! なんていう「ワインマップ」的なものもあるので、参考にしたいわね。

西武線を見下ろしながら一人でゆっくりするもよし、いろんな料理を頼んでみんなでシェアするもよし。

あれもこれも料理名だけで美味しそうでつい食べすぎちゃうのよね〜。

IMG_6788IMG_6780IMG_6779

実は最近の賄いはラーメンなんだそうよ!

というのも、シェフがラーメン作りにハマり中で究極のスープを追求しているから。

イタリアンの枠を飛び越えていろんな料理に挑戦しているからこその創作イタリアンだったのね。

これからも、どんな料理が飛び出てくるかわからない、いつ行っても新鮮な気持ちになれるお店を期待しています!

IMG_6797

豪華前菜の盛り合わせ 1000円

IMG_6802

真ダラ白子のムニエル 900円

IMG_6808

フォアグラーのソテー インカのめざめのクレーマと赤玉ねぎのジャム 1200円

IMG_6813

トリッパのトマト煮込み、オーブン焼き半熟玉子 800円IMG_6814

自家製フォカッチャ 1枚150円

image1

03-6763-0908

練馬区栄町32-2 江古田ビル2F

【営業時間】

ランチ 11:30〜15:00(LO 14:00)
ディナー 18:00〜23:00(LO 22:00)

【定休日】

水曜

※パーティープランお一人様2,000円〜

OBER食事1

ハレの日に行きたい!大人の為のイタリアン OBER(オーブル)

unnamed

OBER外観

テラス席へと続く、青色を基調とした落ち着いた店内、美術館巡りが趣味というご主人が選んだ絵画、そしてなにからなにまで丁寧に手作りされたこだわりのコース料理…。

江古田にありそうでなかった「ハレの日」にぴったりのお店です。

江古田駅南口徒歩3分の静かな住宅街にあります。

OBERご主人2

OBER内観1

OBER内観3

OBER内観2

「OBER」はもともと「ウエイター」という意味。

18歳の時オランダでウエイターから修行をはじめたことに由来しています。

原点に戻る気持ちを込めて、壁にはご主人が以前気に入って購入したウエイターのペンギンの絵が飾られています。

 

メニューはすべて、その時々で市場から直送される旬の食材を実際に見てから考えるそう。

だから、ランチとディナーそれぞれ三種類あるコース料理は週に一度くらいのペースで内容がかわるんですって。

夜のコースは2680円〜6980円。たまにはお腹も心も大満足しないとね。

OBER食事1

OBER食事3

OBER食事2

OBER食事4

OBERお食事5

ランチコース 1680円

前菜(ウサギのパテ・ド・カンパーニュ、たまねぎのキッシュ、ラタトゥイユ、あじのマリネなど)、ごぼうのポタージュ、自家製パン2種、生うにと小タマネギのジェノベーゼ、にんじんのシャーベットとココアのフロランタン

_____________________________________________

練馬区豊玉上1-9-11 1F

03-6325-8686

[火~土] 11:30~15:00(LO 13:30)

18:00~22:00(LO 21:00)
[日・祝] 18:00~21:30(LO 20:00)

※お子様のご入店は10歳以上とさせていただいております

italiano-vino-e-saci_01

桜台にまたまた 本格派イタリアン誕生!Italiano. vino e saci (イタリアーノ プント )

unnamed

italiano-vino-e-saci_01
千川通りから桜台通りを入って右側。
こんなところに〜!?って場所に素敵なイタリアンがオープンしました!

 

 

italiano-vino-e-saci_02
italiano-vino-e-saci_03
italiano-vino-e-saci_04
元々オーナーご夫婦が住んでいた住宅を改装。
イタリアンブルーを基調としたセンスが光る店内です。

 

 

italiano-vino-e-saci_05
2階は貸切可。ハイレベルな婦人会が開けます。
こちらのお店、お子様連れオッケーだそうで嬉しいですね。

 

 

italiano-vino-e-saci_08
オーナーシェフは、イタリアでも修行を積み、都内のイタリアンで腕を磨いた方。
独立するなら地元でと、桜台にお店を開いたんだそう。
今までの付き合いや経験から、野菜、魚、肉すべてが独自のルート。
これは、素材から期待ができます!

 

 

italiano-vino-e-saci_09
ソムリエの奥様もイタリア勤務経験ありの本格派。
ご夫婦で本場を経験されているんです。
桜台も素敵になったもんだわ。

 

 

シマメイカと有機野菜のアーリオオーリオは、野菜たっぷり!素材の良さを感じます。
都心でも有名店に行かなきゃ、なかなかこれだけのもの食べられない気がします。
それを地元で食べられるなんて、幸せ〜。
桜台ナイスだわっ。

 

今回食べたのは有機野菜たっぷりメニューだけど、お肉料理もおすすめなんです。
特に、鳥取万葉牛炭火焼は、ぜひ食べて欲しいそう。
料理長をしていた鳥取のOsteria Monte Mare Tottorine(有名店よ!)にいたときのルートで、珍しいものが手に入るらしい。

 

italiano-vino-e-saci_06

ランチ

●パスタランチ1200円(パスタ、サラダ、ドリンク)
●スペシャルメニュー3500円(前菜、パスタ、メイン、デザート)

 

 

italiano-vino-e-saci_07

ディナー

●コース 3800円〜(前菜、パスタ、メイン、デザート、コーヒー)


Italiano. vino e saci (イタリアーノ プント )

03-6914-7580
練馬区桜台1-44-5

【営業時間】
ランチ/11:30-13:30(L.O)
ディナー/18:00-21:00(L.O)

*水曜はディナーのみの営業
【定休日】火曜

赤城牛を食べ尽くす♡肉の専門店ジャンプ直営の肉バル!桜台バル

unnamed

 

桜台駅からすぐ、黄色いひさしが目印の肉の専門店ジャンプさんは練馬人なら知ってるはず。私も美味しいお肉を買いたい時は頼りにしておりました。

そんなジャンプさんが創業30周年を迎え、前々から計画していたという“肉バル”を店舗のすぐそばにオープン! 早速予想以上の盛況ぶりで、早くも2号店の開店が決まっているとか。お肉屋さんの本気、見せてくれてますよ~!

「お肉を売るだけじゃなくて、食べてもらって直に反応を見たい!」というお肉屋さんならではの思いから誕生した桜台バル。

レトロなジャンプさんの外見とは真逆の、今時でオシャレな外観、広い店内、そしてすごい数のメニューにまずは度肝を抜かれます。ステーキだけでこの品揃えなんて見たことない。入荷状況によって、赤い印がついているものが注文できるという仕組みです。ブリスケ、カイノミ、シキンボなんて聞いたことのない名前もたくさんありました。希少部位ってやつね!

お通しから豪華な冷静バーニャカウダは、これから食べるお肉をより美味しく感じさせてくれるようにさっぱりした味に仕上げたそう。

お店のイチオシのステーキ3種盛り(¥3590)は、その日のステーキをたっぷり盛り合わせた売り切れ御免の超お得メニュー。そのままでも、ワサビ醤油とバジルマスタードにつけてもOKだからこの1皿でお肉を何通りも楽しめちゃうんです。

男性同士で来ても大満足のボリューム。まさにお肉屋さんのいいとこ取り!

そして大人気の肉寿司(¥990)! このレアなお肉の輝きがたまりません。酢飯とガリが予想外にもお肉と相性ぴったり。

お肉のお共にマストな前菜の盛り合わせ(6種 ¥890)は、マリネやコールスロー、チャンジャなど、箸を休めつつお酒もすすむ内容です。

ステーキはもちろん、バーニャカウダソースも、手ごねハンバーグも、ローストビーフも全部レシピから考えたお店仕込み。

そして、ここはワインのお店でもあります。1杯390円からという親しみ安いラインナップでぐいぐいけちゃうわよ〜。

ランチもお見逃しなく!

牛スネ肉をデミグラスで煮込んだソースで食べる赤城牛のハンバーグ(¥880)、ステーキ(¥980~)などはすべてライス、サラダ、スープつきでこのお値段です。

お子さん用の椅子も用意してあるから、家族で来店しやすいわね。

 

 

 

 

========================================

桜台バル
住所:練馬区豊玉上2-19-11
電話:050-5783-2383
営業時間:
ランチ 11:00~15:00(L.O.14:00)
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30)