La.vacanza(ラ ヴァカンツァ)

la-vacanza_01
日替わりランチをササッと出してくれる、定食屋のようなイタリアン。
とは言え、パスタのレベルは高く、全体的にセンスの良さを感じました。
デイリーに家族で行くならここかも。

 

 

la-vacanza_02
la-vacanza_03
ランチセットは1000円!
サラダ、パン、ドリンク付き。

 

 


La.vacanza(ラ ヴァカンツァ)

03-3557-4531
練馬区桜台1-4-11 1F
 
【営業時間】
ランチ/11:30-14:30(月-金)
ディナー/18:00-23:00
 
【定休日】
水曜

Osteria Kappa(オステリア カッパ)

kappa_01
kappa_02
お店で打つモチモチの生パスタなど、すべての料理にオーナーシェフの強いこだわりを感じるお店。
こういうお店で、クリスマスらしい豪華コース料理をぜひ食べてみたい。
ちょっと豪華な女子会や、夫婦でクリスマスディナーならここかしら。

 

 


Osteria Kappa(オステリア カッパ)

03-6915-8701
練馬区桜台1-5-8 1F
 
【営業時間】
ランチ/11:30-15:00
ディナー/17:30-23:00
 
【定休日】
火曜

フレンチ Maruyama

maruyama_02
ボリューム満点、豪華すぎるランチコースは1800円でも決して高くない!
農家直送の新鮮な野菜がたっぷり。

 

 

maruyama_01
そして、座敷席があるのは子連れにはさらに嬉しい。
年配の方も食べやすいフレンチなので、親子3代で行けるお店では?!

 

 

maruyama_03
maruyama_04
maruyama_05
maruyama_06
ランチコース1800円(前菜、スープ、メイン、デザート、ドリンク)
平日限定1000円プレートあり。

 

 


フレンチ Maruyama

03-5946-9501
練馬区桜台1-5-12 丸吉ビル B1F
 
【営業時間】
ランチ/11:00-15:00
ディナー/17:30-23:00
 
【定休日】
月曜
 
french-maruyama.com

パーラー江古田


「パーラー江古田」が2015年4月に移転しました!
移転と言うと、みんなざわつきますが、通りが1本変わっただけなんでご安心を。

 

 


新「パーラー江古田」は、一軒家を改装した、和モダンな雰囲気。
薪ストーブとかもあってステキです。
昔は、テーブル席が1つだけとカウンターだったけど、今回はテーブル席が3つもあります!
7〜8人のグループだって入れます。
ただし、席が空いていたらですが。
先日、昼頃に店内を覗いたら、店内にぎっしり人が並んでいました。
撮影の日も朝9時になったらほぼ満席。
14時くらいに一度落ち着くらしいので、そのくらいがチャンスかも。

 

 



パンも以前より多めに作っているので、平日なら17時くらいまでは買えることも多いそうですが、早めに行かないと売り切れの可能性高いです。

 

 


ここまで人気のパーラー江古田。
その良さは、パンや料理の美味しさはもちろん、空間の心地良さなんだと思います。
テーブル席もいいけど、カウンター席に座ると、お店の風景の一部になれる一体感があります。
パーラー江古田は、沖縄のパーラーをイメージしているそう。
パーラーってあまり聞いた事がなかったけど、イタリアのバールみたいなものだそうです。
ここは、江古田人が集まる場所なんですね。
新しいパーラーでは、お酒も販売しています。
また、今後レギュラーメニューも増えるとか。

 

 



新玉ねぎとスナップエンドウのサンドウィッチ(サラダ・ドリンク付)/930円。
パンは、レーズン酵母の食パン・雑穀パン・カンパーニュ・全粒粉のくるみパン・フォカッチャから選べます。
※2015年4月取材時

 

 



レーズン酵母の食パンの小型版。無油、無糖 ハードトースト/270円。
小麦酵母のフランスパンのバケット/360円
※2015年4月取材時

【ママへのオススメポイント】

パーラー江古田は、お子さんを幼稚園に送った後に、ゆったりとモーニングをするママさんグループ多数。
朝9時集合なら、人数が多くても入れるかも。
以前よりは、子連れでも入りやすいですね。

 

 


パーラー江古田

03-6324-7127
練馬区栄町41-7

 

【営業時間】
8:30〜18:00

 

【定休日】
火曜

江古田のコミュニティーパン屋さん Vieill (ヴィエイユ)

vieill_01
いい雰囲気のパン屋さんだけど、営業時間が16時からだったからなかなか行けなかったお店。
最近14時オープンになったということで、今回はパン&ギャラリー「Vieill」を紹介します。

 

 

vieill_02
千川通りにたたずむ、おしゃれな外観。
パン屋さんだけど、中でお酒を飲めるし、簡単な食事もできるし、月によってイベントや個展もやっているという不思議なお店なんです。
お店に入ると、対面式カウンターで、お兄さんが美味しい食べ方を説明してくれます。
この感じは、昔懐かしいパン屋さんの雰囲気なのかしら。
お客さんが来るたびに世間話に花が咲く、お話上手なお兄さんです。

 

 

vieill_03
店頭に並んでいるのは素朴な食事パンが7〜10種類。
パン屋さんとしたら、けっこう少なめだけど、国産小麦、天然酵母を使い、12時間発酵。夜8時に仕込んで、次の日の12時に焼き上がるという手間ひまかけた、作品のようなパン達です。

 

 

vieill_04
食事パンに特化しているのは、パンをご飯のように食べてほしいという思いからだそう。
また、少し白めの焼き具合なのは、高齢者の方からお子様までみんなが食べやすいように工夫したもの。
江古田は美味しいパン屋天国。
エコレポの地図に載っているパン屋さんはどこも美味しいから、迷っちゃうの。
パン好きには魅力的な街だわ。

 

 

vieill_05
小麦粉と奄美大島産のきび砂糖で作ったケーキ/350円

 

 

vieill_06
天然酵母パンのホットサンド&自家製ドリンクセット/850円

 

 

vieill_07
北海道産はるゆたか100%のあかちゃんぱん/420円。
パン好きには有名な高級小麦「はるゆたか」と天然酵母ホシノを使用!
外はパリッと中はもちもちの食感。

 

 


Vieill Bakery cafe & Gallery

03-5996-3485
練馬区旭丘1-56-2
 
【営業時間】
月-土/14:00〜21:00
日/12:00〜18:00
 
【定休日】
水曜

オーガニックハーブ& ワッフル専門店 HMC ハーブマイスターセンター

hmc_01
ハーブマイスターセンターは、無化学製品、無除草剤、無化学肥料、自然乾燥のハーブを、すべて手作業でブレンドしている、こだわりある専門店。
麻布十番から移転してこられたそうです。

 

 

hmc_02
デパートの催事や、インターネットでもハーブティーを販売している本格派。
近所にこんなお店ができるなんて…!

 

 

hmc_03
お店は昭和31年に建てられた古民家を全面改築。
壁の漆喰などは、近所の子ども達と一緒に塗ったんだそうです。
いい味出てますね〜。

 

 

hmc_04
hmc_05
店内は、カフェスペースと、ハーブティーやワッフル、オーガニックの商品が買える場所に別れています。
カフェスペースは子連れに嬉しいゲートや、オムツ替えスペースもあり、昼はママ達のたまり場になりそう。
休日はカップルも多いそうです。

 

 

hmc_07
カフェスペースでワッフルセット(840円)を注文。
日替わりのワッフルとハーブティー(32種からチョイス)温野菜がついたセットです。
ワッフルも、卵・乳製品・砂糖は使わず作るこだわりの生地。
ソースも、豆腐のクリームソース、バナナのソース。
甘みは、砂糖は使わず甘酒を使っているそうです。
乳製品も使わずにどうやって作るのか…?

 

 

hmc_06
ハーブティーの種類も面白い!
気になったのが、Good-Byeシリーズの「ぷよぷよ・たぷたぷGood-Bye」。
なんて分かりやすいネーミング。
オーナーさんが出産後8キロ痩せたのは、このハーブティーを飲んでるからとか…?

 

運気アップシリーズの「金運」、他にもマタニティシリーズ「つわり対策」「安産対策」などなど、カフェインが取れない妊婦に嬉しいハーブティーも!

 

カウンセリングを受けて、ハーブマイスターに自分の体調に合うハーブティーをブレンドしてもらうこともできるんだそう。
えっとー、いつまでも美しく…、男運、金運が良く…、便秘にならないブレンドお願いします!

 

 


オーガニックハーブ&ワッフル専門店 ハーブマイスターセンター

03-6676-1608
練馬区桜台1ー41ー2

 

【営業時間】
11:30〜18:00

 

【定休日】
不定休

 

www.herb-meister.jp

小茂根マダムの集合場所 サイマーケット

saimarket_01
サイマーケットとの初めての出会いは数ヶ月前。
何の変哲もない小学校の脇の道を歩いていくと、なんと!
代官山にでもワープしたんじゃないかと思うようなおしゃれカフェが!
のちのち聞くと、小茂根界隈ではとっても有名なカフェだそう。
そりゃそうだ!

 

サイマーケットは、自然食カフェと雑貨のお店として1999年にオープン。
サイマーケットの考える自然とは、不自然に作られていないもの。
その食材がどんな風に作られているかも重視しているそう。
生産者の顔が見える安心安全なものを使っているんですね。

 

ランチや定食以外は、すべてヴィーガンメニュー。
動物性の食材と砂糖は一切使わず、調味料までこだわったお料理です。
そもそも、伝統的な日本人の食事は(魚以外)植物性のものばかりだったそう。
日本の伝統食は、健康食として海外で高い評価を受けています。
確かに、マドンナが食べてるというマクロビも、日本のおばあちゃんの田舎料理みたいだったなぁ。

 

 

saimarket_02
夜もステキ〜。まるでリゾート地(大げさ?)。
色んな人たちが集まるんだそう。
撮影の時には外国の方もいました。
おおっ!絵になる!
これが小竹向原なんて信じられないわ!

 

世の中で色々な出来事があって、やっと最近、安全安心の食材を使っているお店っていいね〜。と思い始めました。
正直、今までは安ければいいと思ってたし。
不摂生な生活を反省するためにも、時々サイマーケットに行くべきかもしれない。
雑貨かわいいしー。

 

 

saimarket_03
お店ではパンやケーキも販売してます。
普段はドイツから空輸された冷凍成型生地を店舗で焼いていますが、土曜日は天然酵母のパンを販売。
これ目当てのお客様も多いそう。
パンはお店で食べることもできるので、ランチの後に、もう少し食べたいな〜って時にはパンを追加するのがいいかも。

 

 

saimarket_05
雑貨はフェアトレードの品、アーティストの作品なども販売してます。

 

 

saimarket_04
中庭はペット可のスペース。

 

 

saimarket_07
ランチセット(900円)は本日のランチ、
カレーランチ、サラダランチから。

 

 


自然食CAFEと雑貨SAI MARKET(サイマーケット)

雑貨/03-5995-2702
カフェ/03-5995-2703
板橋区小茂根1-9-5

 

【営業時間】
雑貨/11:00〜20:00
カフェ/11:00〜21:00(LO)

 

【定休日】
水曜

 

www.saimarket.com

ナチュラルカフェ ゴエン

goen_01
goen_02
練馬駅西口の住宅街に、漢方やハーブ、マクロビオティック・アーユルヴェーダの理論を取り入れた食事ができる、素敵なカフェレストランができました!
住宅街のど真ん中。
こんな所にー??って場所に建つ一軒家。
2月15日にオープンした新しいお店です。

 

 

goen_09
店内は広々!
今後、2階でカルチャースクールをしたり、中庭は畑になるそうです。

 

 

goen_04
店主の工藤さんは、自身が体調を崩したことがきっかけでマクロビを実践し始めたんだそう。
赤坂のマクロビオティックレストランで責任者をしていましたが農業が盛んな練馬でお店を開こうときめたんだそうです。
なんでも、東京から有機野菜を広め、最終的には農業改革をしたいんだそう。
目標が大きい!

 

工藤さんは、リマクッキングスクール師範科を卒業。
カノンマクロビオティックスクールレベル3修了、マクロビ・フード・コンシェルジェ、ハーブ・コーディネーター。
と、本格的にマクロビを勉強した方。

 

 

goen_06
使用している食材は、農薬の影響が少ないオーガニックのもの。
身体の負担になる白砂糖、乳製品、保存料は一切使用せず、全国から集めた拘りの素材を使った本格的な物。
動物性のものも、避ける訳ではなく、いいものをうまく取り入れた、身体が元気になるお料理です。

 

 

goen_05
興味があった「酵素玄米」を発見!
ダイエットに美肌効果、便秘にもすごくいい!と話題のあれです!
あずきを入れた玄米を特殊な方法で発酵させる方法で作ります。
ただ、作るのに3日かかるので家で作るにはハードルが高かった。
味は、玄米のお赤飯?白米より好きかも!
ランチセットで食べられます。

 

 

goen_07
乳製品や砂糖、バターを使わない天然酵母パンやお菓子などがあります。
その他、オーガニック商品も色々。

 

 

goen_08
チャクラに作用するように配合されたヨガ・ティー。
オーガニックコーヒなど気になる品が沢山。
テイクアウトも可能です。
こういうお店に来ると、身体の中からキレイになりたいという意識が高くなるわ!

 

 

goen_03
天然酵母パンの日替わりセット/850円。
パン、スープ、日替わり副菜、豆乳ヨーグルト。
他にも国産若鳥のグリルセット/1000円、半日分の有機野菜サラダセット/750円など

 

 


natural café goen(ナチュラル カフェ ゴエン)

03-6755-3053
練馬区練馬1-10-15

 

【営業時間】
7:00-20:00

 

【定休日】
不定休

 

http://cafegoen.com

【chick Flich Bakeに変わりました→】あるときはライブ会場、 あるときはアートギャラリー 変身するカフェ&バー カプカ

capca_00
capca_01江古田駅と東長崎駅の間にある、穴場的カフェ&バー『カプカ』。
東長崎ってノーマークだったから、驚いたわ。
オーナーがかつて住んでいた家をセルフリノベーションして作り上げた空間は、かなりのハイセンス。
クリエイティブな人たちが集まる情報発信基地でもあるんです。
代官山とかにありそうなカフェよね。

 

 

capca_02
capca_03
1階はテーブル席とキッチン。
居心地の良さを感じる内装は、オーナーとその仲間たちが自ら手掛けたらしい。
さすがおしゃれです。この日は油絵作家の北見美佳さんの作品を展示中。
お料理と一緒にアートも楽しめちゃうなんて、ここは本当にご近所か?
お昼の客層は地元のママたちがメイン。
夜になるとふらりとご年配の方や学生さんが入ってきたり、モノをつくっている作家さんが訪れたりも。

 

 

capca_05
2階はソファもある広々としたスペースで、ゆったりくつろげます。
そしてなぜか店内に本格的な音楽機材が!?
実は、オーナーの小松さんはサウンドクリエイター。
2階スペースはライブ会場になることもあるんです。
そのほか、イベントや展示、物販、クリエイターへのスペース貸し出しなどさまざまな催しを企画。
クリエイティブな人が集まり、いろんなことに挑戦できる場所として地域の人に認知されてきているみたいです。
今後は家具やメニューブックを作家さんと一緒に作っていったり、外壁に自由に絵を描いてもらおうという計画もあるとか!?

 

capca_06
鍋ナイトに映画鑑賞会、ライブ、マーケット、そしてゲームナイト・・・
本当に幅広いジャンルのお楽しみがいっぱい!

 

 

capca_07
ごはん+スープ+ドリンクで980円。
写真は「たっぷり野菜のラタトゥイユ」。
ライスかパスタを選べます。
ランチのメインメニューは、手に入れる食材によってランダムに変わるそう。
アラカルトメニューも豊富!

 

 

capca_08
「ほうれん草と生ハムのジェノベーゼパスタ」(単品780円)は、昼も夜も人気のメニュー。

 

 

capca_09この日のオススメは、柿を使ったパウンドケーキに、柿ジャムをのせたバニラアイスを添えたデザート。
季節の味を生かしたスイーツは全て自家製!
カフェタイムは地元のママ&キッズの利用も多いそうです。

 

 

capca_10
夜はなんと24時まで営業!
「鶏もも肉のアンチョビバターソテー」(780円)など、お酒に合うおつまみメニューも豊富です。
次は、休日に家族で行ってみるかー。

 

 


capca(カプカ)

03-5926-5142
豊島区長崎5-5-3

 

【営業時間】
12:00-17:00(L.O16:30)
18:00-24:00(L.O23:00)

 

【定休日】
月曜

豊玉の地域交流場 おかずやカフェ

okazucafe_04
ここは家?いや、デカすぎるから公民館?でも看板がある。
と、とにかく気になる。

 

 

okazucafe_02
思い切ってガレージの奥のドアを開けると、カウンターの向こうには雰囲気のあるマダム。
近所のママさんやサラリーマン、色んな人が集まる不思議なバーみたいな和食屋さん。

料理はマダムのこだわりがぎっしり。
有機野菜や国産ものを使うなど、素材からこだわったお惣菜料理。
お漬け物やら煮物やら、ボリュームはあるのに胃にもたれない。
こんな身体に良いメニューはとても外食じゃ食べられない…。
そう、ここは外食じゃない!
料理が得意なマダムのお宅におよばれしたみたいなお店。

カウンターバーみたい?
マダムとの会話を楽しみながらの食事が楽しい★

 

 

okazucafe_03
マダムは地域の人の交流の場が作りたくてこのカフェをオープン。
その一環として、無農薬野菜や果物、豚汁なんかも売ってる『豊玉ふらっと市』(隔週金曜日)も始めたそう!
なんという行動派!
まだまだ謎が多い、気になるマダムだポンポコ〜!
豊玉ふらっと市はガレージで行われます。

 

 

okazucafe_01
おすすめコース1000円と日替わりのランチ700円。

 

 


おかずやカフェ

03-3994-6365
練馬区豊玉南3-15-9

 

【営業時間】
11:00-15:00
【定休日】
火曜、木曜