halnobi_01

北欧家具・輸入雑貨・ インテリアショップ halnobi (ハルノビ)

halnobi_01
練馬にある北欧雑貨のお店”ハルノビ”さんが、フィンランドに買い付けに行って来ました〜。
市場や朝市なども巡って、まだ日本にはない珍しい雑貨もたくさん仕入れたそうですよ。
どんなものがあるか、見に行ってみよう!

 

 

halnobi_02
halnobi_05
北欧風インテリアと雑貨がいっぱいのかわいい店内。
お店の商品はどんどんかわるから、まめにチェックしてくださいね。
家具もヴィンテージものから、リーズナブルなものまで、センスの良いもの揃っています!

 

 

halnobi_07
アラビアのカップ&ソーサ ¥2,000

 

 

halnobi_04
オフィスの机に置いてあってもかわいい!
クマのツボ押し ¥600

 

 

halnobi_09
halnobi_08
北欧のかわいい小物たちは一点ものが多い。
ムーミンの置物とカップ。
これらも一点物。

 

 

halnobi_06
メラミンプレート(¥1,100)は、ママたちに大人気。
フィンランドの手作りポーチ(¥500〜)も1点もの。

 

 

halnobi_03
置くだけでお部屋がおしゃれになる小物が満載よ。
店内をくまなく探索してみてね!
掘り出し物が見つかるよ♪

 

 


halnobi (ハルノビ)

03-3948-4352
練馬区豊玉北5−4−3

【営業時間】
11:00〜17:00

【定休日】
水曜

www.halnobi.com

WN 食事1

【ほろっほベーカリーカフェに変わりました→】アウトドアカフェギャラリー Wild Nature(ワイルドネイチャー)

 

WN-外観-w

『ワイルドネイチャー』は“都会の山小屋”をコンセプトにしたライフスタイルカフェ。

ご主人は学生時代からアウトドアでたくさんの友人とわいわい楽しむのが好きだったそう。

開放的な空間のなかで友人同士の繋がりがどんどん生まれる様子をみて、

「SNSで繋がるのもいいけど、やっぱりFace to Faceで話すのがいちばん!」

という思いから、みんなが集まれる場所を自ら作ってしまったのがこのお店です。

一階のカフェ部分は屋外に見立て、ロッジの外で食事するような開放的な雰囲気が味わえます。

店内1-w

IMG_6311 IMG_6312 IMG_6313IMG_6089

椅子も棚もぜ〜んぶ店主夫婦と友人による完全オリジナル。

自ら手を動かしてつくっていったものばかりで、まさにオンリーワン。

特に、鉄、布、木が絶妙にコラボレーションしている椅子にはわたしも一目惚れしちゃったわ。

WN店内-w

IMG_6296

WN-shop1-w

IMG_6306

IMG_6304

二階はアウトドアショップになっています。

アウトドア向けとはいえど、タウンユースとしてもしゃれなものばかり。

「これ買ったからちょっとキャンプしてみよ〜」なんてきっかけにもなりそう。

モノから入るっていうのもいいわよね!

世界中から集めてきたポストカードや、関東ではここでしか買えない手ぬぐいにも注目です。

WN 食事1

サラダパンケーキ 980円

WN 食事2

ベリーベリーパンケーキ 880円

WN 食事3

チョコバナナパンケーキ 880円

IMG_6715

ホットドック(クックド) 700円

 

山小屋から出てきたみたいな分厚い一枚焼きのパンケーキや、三種類のソーセージから選べるホットドックでお腹を満たしつつ、江古田で今すぐ味わえるアウトドア気分を楽しんで!

 


Wild Nature(ワイルドネイチャー)

03-6317-9157
練馬区小竹町1-36-1

【営業時間】
11:00〜21:00

【定休日】
水曜

polepolepole_01

【閉店】ヴィーガンフードが 楽しめるカフェ pole pole pole(ポレポレポレ)

polepolepole_09
polepolepole_08
polepolepole_01
ポレポレポレとは、スワヒリ語でのんびりという意味のポレポレに、もう1つポレを付け加えて店名にしたのだとか。
その名の通り、とってもの〜んびりした雰囲気で落ち着くカフェ。

 

 

polepolepole_11
実はここ、東京でも珍しいヴィーガンフードのお店。
ベジタリアンはお肉を食べないけど、ヴィーガンは、その中でもさらに、お肉や魚、乳製品、卵など動物性のものは一切使わない菜食料理のこと。
さすが江古田!と思える個性的なお店です。

 

お肉の代わりに大豆ミートで作った自家製タコミートがたっぷりのったタコライス。
これって本当に大豆なのっていうくらい、お肉みたいな弾力ある食感でびっくり!
食べ応えがあって満腹&満足間違いしのメニューです。

 

 

polepolepole_10
ファラフェルサンドも美味しかったー。
ひよこ豆で作った中東のコロッケ・ファラフェルと野菜をピタパンで挟んであるんだけど、ひよこ豆のホクホクとした食感とエキゾチックなスパイスの香りがたまらないっ!

 

 

polepolepole_03
以前はランチ営業をしていましたが、現在は、予約営業とケータリングのみの対応しています。
予算に応じてメニューを作ってくれるから、要望がある場合は予約時に伝えてくださいね!人数も応相談です。
ケータリングは、シンプルなものからゴージャスなものまで、中身を選べるラップサンドが、お店の一押しなんだそうです。

【メニュー例】
●ラップサンド600円〜1000円
●ファラフェルサンド フル(2個)980円
●タコライス980円
●きのこの混ぜご飯から揚げのせ 980円
●日替りスパイスカレー 980円
●ラザニア 880円
●しょうが焼き丼 980円

 

 

polepolepole_02
きのこの混ぜご飯から揚げのせ。
「えっ?ヴィーガンフードなのにから揚げってどういうこと??」と思ったら、これも大豆ミート!

 

 

polepolepole_07
オーナーさんはミュージシャン。
海外の音楽仲間も多いのだとか。
中にはヴィーガン(菜食主義者)の人もいて、彼らが楽しく食事ができる場所を作りたいと思ってお店をオープンしたそう。
海外ではヴィーガン対応のレストランは珍しくないけれど、日本ではなかなかないですよね。

 

 

polepolepole_06
DJブースを利用しての音楽イベントや、ライブイベント(ドラムは不可)にも対応可能です。
(貸切パーティーやイベント時には店内のレイアウトも自由に変えられます。)

 

 

polepolepole_05
また、店内のあちこちに、苦虫ツヨシさんというアーティストの絵が飾られています。
独特の可愛さがあって、ほっとけない存在感がある絵。
レジ横では、苦虫さんがデザインしたお店のオリジナルTシャツ
2500円も販売中です。

江古田はこういう個性的なお店が、自然にあるのがいいんですよね〜。
こういうお店が増えたら、街がもっと面白くなりますね!

 

 

音楽とアートと個性的なお料理!
江古田ならではのお店だわっ。
初めて食べたけど、ヴィーガンフードってこんなに美味しいのね!

 

 


pole pole pole(ポレポレポレ)

03-6914-4050
練馬区旭丘1-67-6 2F

【営業時間】
予約営業とケータリングのみ対応(要問合せ)

【定休日】

polepolepole.jp

pumpkin_01

野菜中心の身体にやさしい料理 オーガニックカフェ ぱんぷきん

pumpkin_01
オーガニックやマクロビ、ベジタリアンに対応したお店。
身体や胃が疲れてる時に、無性に食べたくなる大好きなお店。

 

 

pumpkin_02
区役所の向いのビルの1階、スーパーオオゼキの斜め向かいです。
ランチタイムは常連の女性客が多く、毎日来るお客さんも少なくない。
サンドウィッチも、全粒粉を使用したパンに、ソイから作ったマヨネーズなどで作られています。

 

 

pumpkin_03
おすすめの日替わり弁当は、動物性食材・砂糖・乳製品を使用していなこだわりメニュー。
特に専用の圧力鍋を使って手間をかけて作った、モチモチの玄米は感動的!
副菜も沢山ついてるし、このランチを毎日食べたら健康になれること間違いなし〜。

 

 

pumpkin_04
ボリューム満点!お肉や魚がなくても充分満足できる!
この品数は、手間もかかるので、なかなか家では作れない。
休日はカレーやドリアなどがあるらしい。
日替わり弁当/900円
セットスープ+300円 セットドリンク+200円

 

 


オーガニックカフェ ぱんぷきん

03-3557-0255
練馬区豊玉北6-13-4-1F

 

【営業時間】
11:00-19:00(月-金)
12:00-19:00(日)

 

【定休日】
土曜

 

chikara-tei_01

ちから亭

chikara-tei_01
音大の隣にあった『ちから亭』がリニューアルオープン。
以前は定食屋のイメージだったから行った事がなかったけど、一軒家をおしゃれに改装しとっても素敵なお店になっていた。

 

 

chikara-tei_02
水槽が見れる席は人気。広いテーブル席もあり。
テラスはワンちゃん連れもオッケーです。

 

 

そして、このお店の料理に感動してしまった!
あー、秘密にしておきたかった!
どの料理もオリジナリティに溢れてて独創的。
そして、なんだか世界的。
聞けばシェフは、料理が好きで好きでしょうがなく、全ての料理は感覚で作っているんだそう。
この人は天才なんじゃないのか…。
まったく未知数〜

 

 

chikara-tei_03
ランチメニュー 
オムライス/900円(特製ドミソースが深い!)

 

 

chikara-tei_04
ホッケンハイム/900円
ドイツに行ったとき見た(食べたわけではないらしい)料理を再現!
 

 


ちから亭

03-5946-9663
練馬区羽沢1-4−2
 
【営業時間】
モーニング8:00-11:00(土日)
ランチ/11:00-14:00(LO)
ディナー/18 :00-21:00(LO)
 
【定休日】
月曜

caro_02

CARO(カーロ)

caro_01
若いオーナーシェフが作る、こだわり料理はどれも美味しかった♪
老舗のような深みを感じるのは、アンティーク風の店内の雰囲気から?
夜は食通の方々がつどっているらしい。納得!

 

 

caro_02
caro_03
ランチセット(ドリンク、サラダ、パン、デザート付)は1000円〜。
ピザ、パスタ、ラザニア、リゾットなど。

 

 


CARO(カーロ)

03-5912-8588
練馬区豊玉上2-13-11 1F

【営業時間】
ランチ/11:30-14:00
ディナー/17:30-24:00

【定休日】
月曜

cosicosi_03

Cosi Cosi(コジコジ)

cosicosi_01
cosicosi_03
cosicosi_02
cosicosi_04
1,280円〜のランチは前菜の種類も多く、デザートまでしっかりとしたものが食べられて大満足!
夜は美味しいワインとイタリア家庭料理が食べられるイタリア居酒屋。
12月はこんな大人のお店でワインを飲むのがステキ。

 

 


Cosi Cosi(コジコジ)

03-6764-7882
練馬区豊玉上2-9-10 1F

【営業時間】
ランチ/11:45-14:30(平日)
ディナー/17:30-23:00(平日・土)
ディナー/17:30-22:00(日・祝)

【定休日】
月曜、第2火曜

la-vacanza_02

La.vacanza(ラ ヴァカンツァ)

la-vacanza_01
日替わりランチをササッと出してくれる、定食屋のようなイタリアン。
とは言え、パスタのレベルは高く、全体的にセンスの良さを感じました。
デイリーに家族で行くならここかも。

 

 

la-vacanza_02
la-vacanza_03
ランチセットは1000円!
サラダ、パン、ドリンク付き。

 

 


La.vacanza(ラ ヴァカンツァ)

03-3557-4531
練馬区桜台1-4-11 1F
 
【営業時間】
ランチ/11:30-14:30(月-金)
ディナー/18:00-23:00
 
【定休日】
水曜

kappa_02

Osteria Kappa(オステリア カッパ)

kappa_01
kappa_02
お店で打つモチモチの生パスタなど、すべての料理にオーナーシェフの強いこだわりを感じるお店。
こういうお店で、クリスマスらしい豪華コース料理をぜひ食べてみたい。
ちょっと豪華な女子会や、夫婦でクリスマスディナーならここかしら。

 

 


Osteria Kappa(オステリア カッパ)

03-6915-8701
練馬区桜台1-5-8 1F
 
【営業時間】
ランチ/11:30-15:00
ディナー/17:30-23:00
 
【定休日】
火曜

maruyama_05

フレンチ Maruyama

maruyama_02
ボリューム満点、豪華すぎるランチコースは1800円でも決して高くない!
農家直送の新鮮な野菜がたっぷり。

 

 

maruyama_01
そして、座敷席があるのは子連れにはさらに嬉しい。
年配の方も食べやすいフレンチなので、親子3代で行けるお店では?!

 

 

maruyama_03
maruyama_04
maruyama_05
maruyama_06
ランチコース1800円(前菜、スープ、メイン、デザート、ドリンク)
平日限定1000円プレートあり。

 

 


フレンチ Maruyama

03-5946-9501
練馬区桜台1-5-12 丸吉ビル B1F
 
【営業時間】
ランチ/11:00-15:00
ディナー/17:30-23:00
 
【定休日】
月曜
 
french-maruyama.com