あの有名店、クリオロが小竹向原に堂々のOPEN!! ひろ〜いイートインスペースでフランスの風を感じて♪

 

IMG_9759

千川駅近くに本店があり、地元の人から遠方のお客さんにまで愛されていたクリオロが、さらに大きな店舗となって小竹向原にオープンしました。パティシエは、フランス人のサントス・アントワーヌさんです。テレビにも何度も出演したり、レシピ本まで発売しているそう。中目黒にも支店があって、そちらも大盛況みたいよ。

IMG_9700

2003年にオープンして以来、千川店はあまりの人気に手狭になってしまって、工房を移動したりと嬉しい悲鳴の連続だったみたい。実は小竹向原は、サントスさんがむかしお菓子教室を開いていた場所。今回、お店も事務所も工房も全て揃って、広々した素敵な店舗になって帰ってきました。

DSC_0173

DSC_0193まず注目したいのはやっぱり限定品! 今回新店舗オープンの記念に、メイン商品として新しく開発された「トレゾ」(¥2592)は、今年の1月に開催されたチョコレートの祭典、「伊勢丹サロンデュショコラ」で先行発売された時も、連日完売する大人気商品になりました。ふわふわのチョコレートスポンジに、なめらかなチョコレートクリーム、そして、チョコレートでコーティングすることで周りはパリッとした食感が楽しめちゃうんです。

IMG_9739IMG_9751

広〜い新店舗には、ケーキと同じ上質な発酵バターを使用したパンの種類も増えて登場予定です。こんなモダンなイートインスペースもできて、美しい商品の味をその場ですぐ楽しめます。専務取締役としてサントスさんをお支えるワインアドバイザーの奥様と、二人三脚で進化していくクリオロから目が離せません!

IMG_9712

DSC_0118

「ガイア」(2009年世界コンクール最優秀味覚賞受賞)650円

DSC_0136

「ルレ抹茶」470円

 

 

______________________________________

クリオロ

住所:板橋区向原3-9-2サントスビル1F

電話:(03) 3958-7058

営業時間:10:00〜20:00

定休日:火曜(祝日は営業)

http://www.ecolecriollo.com

八百屋さんの血を受け継ぐ大人のベジタブル料理♡八百屋バル

外観1

2015年12月、新桜台駅から徒歩3分の場所にOpenした八百屋バル。

ネーミングから、野菜を主役にしたお店なのは察しがつくわよね。でも、バルって、バーと食堂のいいところを掛け合わせた“ちょっと一杯orしっかり食事”の両方ができるスタイルのお店のはず。お酒のおつまみって、サラダの後は肉や魚料理っていうイメージの人も多いんじゃないかしら? いえいえ、心配ご無用。地下にあるちょっと隠れ家的なお店には、そんな常識忘れちゃうような美味しくて楽しい創作料理が溢れていました。

内観2内観3内観4

お店はカウンターのみながら、背中側の空間も広めでゆったり座れます。

シンプルだけど、女性客が多いのも頷ける居心地の良さ。一膳ずつ違う柄のお箸が可愛い〜。

野菜料理だけでなく、ビール350円、日本酒(半合)400円〜と、定番のお酒もかなりリーズナブルです。

さて、ここからが「八百屋バル」の真髄よ〜!

内観5料理1

黒板から好きな野菜を三種類チョイス! お店一押し「ベジージョ」500円料理2

「鶏ササミのアジアン生春巻きサラダ」650円

料理3

「安曇野放牧豚のたっぷりネギ塩ポンズ」850円

旬の野菜を毎日仕入れに行く先は、主に馴染みの八百屋さんたち。最良のものを見つけるために、何件もはしごすることもあるとか。自分の目で見て、触って、本当に良いものを厳選しているそうです。時には、全国各地の信頼する農家から旬の野菜が送られてくることも。

というのも、店長の水田さんのお義父さんは元八百屋さん。その時のつながりを受け継いで、手頃な値段で、もっと身近に野菜を楽しめるお店を作りたいと思ったのが八百屋バル誕生のきっかけでした。

ドリンク

「フロージングフルーツジャーカクテル」550円

デザート

「ジャーカクテルで残ったフルーツはパフェに!」350円

美味しい料理の数々とも相性ぴったりなのが、見た目から女子の心をくすぐるフロージングフルーツジャーカクテル。凍らせたトマトやりんご、キウイ、オレンジがカクテルを冷やしながら抜群の風味をプラスしてくれます。飲み終わったら、残った果実はパフェに変身! う〜ん、この展開最高です! 最初から最後まで、八百屋さんの美味しいところを余すところなく楽しめるバルでした。

外観2

 

 

___________________________

八百屋バル

練馬区栄町21-10サンライズ江古田B1-A

(03) 5946-6866

営業時間:17:00〜24:00(L.O. 23:15)

定休日:水曜

夏にはかき氷復活? 至高のカレーライス♡食堂 八

 

八外観

「あの美味しいかき氷屋さんどこへ行っちゃったの〜?」豊島園駅から徒歩1分の場所で評判を呼んでいたお店だけに、気になっていた方も多いはず。さいきん、どうやらカレー屋さんとして時折営業しているらしい! しかもそのカレーがちょっと只者ではないという噂を聞いて、真相を確かめに行ってみましたよ〜

八内観1 八内観2

八内観4

お店の中は裸電球が灯っていてあたたか〜い雰囲気。こじんまりとした場所を最大限生かすために、机から何から大工さんに教わって手作りしたそうです。厨房のガラス障子が可愛い! おしゃれかつノスタルジックって感じ?

実はオープン時、かき氷屋さんの店長さんは奥様でした。それからおめでたいことが続き、しばらくお店を離れていたとのこと。ちょっと環境が落ちついたので、4月からはカレー屋さんとしてお店を開けられることになりました。

「子供が安心して食べられるように」無化調にこだわって、ご夫婦二人で自分の好きなものを追求していくそうよ!

八店主 八内観3 八料理1

現店長である旦那様は、10年以上前から仲間内の集まりでカレーをふるまうのが趣味だったそう。奥様曰く「すごく凝り性」で、スパイスをいちから勉強してきました。カレーマニアのお友達ともアイディアを出し合ったりしながら、3種類のカレーを提供しています。

ベースはインドカレーですが、日本の季節の野菜を取り入れたりした完全オリジナルです。まろやかな菜の花のカレーに、辛口のチキン&キーマが合う! サラダやラッキョウなどの付け合わせも豊富で、一口食べるごとに新しい美味しさが広がるのよ。

image

 

三種類のカレーが一度に楽しめる「三種盛りカレー」はこの豪華さで1000円。

ランチタイムはチャイ/ラッシー/インドワインが一杯サービス! こんな贅沢なカレーの食べ方ってある〜!?

 

image-2

カレーのあとは大人気ミニかき氷がぴったり!

八料理3

左から、ラッシー、インドワイン(各300円 ランチタイムは一杯サービス)、ビール各種(500円)八料理4

ホットチャイは食後にオススメ。(300円)

本格かき氷も、これから少しずつ復活していく予定です。大好きだったマスカルポーネのアイス入りかき氷が食べられる日も近いかもしれないってことよね! 夏には“カレー&かき氷屋さん”かしら? 相性バッチリの組み合わせに期待大だわ。気になる今後のメニューと営業日は、Twitterを確認してみてね。

 

_______________________________________

住所:練馬区練馬4-15-18

電話:(03) 6767-8080

営業時間:11時30分〜15時
月、火曜日定休+不定休

https://twitter.com/hachi_toshimaen

ボルダリング専門店 Base Camp Tokyo

bct外観

ボルダリングジム「Base Camp Tokyo」は、2015年12月、小竹向原駅のすぐ近くにOPENしました。

ボルダリングは、壁に打ち付けられたカラフルな石に、手や足を引っ掛けて登っていく「クライミング」の一種。しかも、身体にロープを装着することなく誰でも普段着(動きやすい服装)で挑戦できるから、生涯スポーツとして幅広い世代からハマる人が続出しているらしいのよ。

壁は高さ約4メートル! でも、床がクッションになっているので安心です。このクッション、なんと私たちの立っている場所より下まで厚みがあって、埋まっているという心強いもの。みんなバンバン壁から落ちながら何度もチャレンジしていました。

bct2bct1bct3

施設内は、1階がボルダリングジム、2階が更衣室&休憩スペースになっています。木目調で、外からの光も程よく取り入れられた吹き抜けの空間はカフェみたいにオシャレ。2階は飲食OKだから、1階と行き来しながら1日過ごす人もいるそうよ。

必要なものはチョークとシューズだけ。受付でレンタルできます(初回は無料)。本当に体ひとつで始められるのね〜。手ぶらで行けるって、かなりポイント高いです。bct4bct5bct6

初回は予約不要でインストラクション付き。基本的な楽しみ方をレクチャーしてくれます。さらに、20:15〜21:00は初心者向けのセッションタイムを開催。この時間は、アドバイスを受けながらみんなで登れる道場のような感じだそうよ。初心者同士で友達になって一緒に通う人もいるんですって。

bct8bct9

「既に完成されているスポーツに踏み込むのってちょっと勇気がいることだけど、クライミングは誰もが同じ条件で0からスタートなんです。登っているあいだはみんなそれぞれの時間を楽しんでいるし、誰でもWelcomeな場所。スタッフももちろんそんな気持ちでいるので、ひとりでも気軽に遊びに来ちゃってください!」と店長さん。

同じ壁の中に、初心者向けから、初段以上の上級者向けのコースまでがぎゅっと詰まっている、奥が深〜いスポーツです。

bct予備bct7

 

 

 

_____________________________________________

Base Camp Tokyo

住所:板橋区向原3-10-15

電話:(03) 5926-5508

平日:12:30〜22:30

土曜:10:00〜21:00

日祝:10:00〜20:00

定休日:なし(臨時休業あり)

www.b-camp.jp

見て味わって二度おいしい♡パティスリー・アルカション

アルカション外観

保谷の人気店であるアルカションが、ついに練馬駅北口近くの弁天通りにも開店しました。

アルカションは、オーナーが修行していたフランスにある小さな港町の名前だそう。「基本を守り、きちんとした仕事をすること」をモットーに作られた美しすぎるスイーツで店内はとっても華やか。

アルカション内観1アルカション内観3アルカション内観2

シェフはもともと練馬区の出身で、26歳からフランスで三年間修行。帰国後、修行時代の経験を生かして、愛着のある地元でお店をオープンしました。

アルカションのスイーツはとにかく種類が豊富。定番商品もしっかり抑えつつ、日本ではあまり見られないフランスの伝統菓子「カヌレ」や、お祭りの際に食べられるという、お人形が入ったケーキ「ガレット・デ・ロワ」など、季節限定のお楽しみも大充実。

アルカションケーキスイーツ1スイーツ2

その中でも看板メニューは、「デュネット」という、見た目は三角のクッキーのようなお菓子。

「デュネット」は修業先である老舗パティスリー・マルケの特許商品で、日本で作ることを許されたのはアルカションだけなのだそう。食べてみると、コニャック(洋酒)の濃厚な味が口いっぱいに広がります。かわいいパッケージの中はしっとりとした大人のスイーツっていうギャップもたまらないわね。

デュネット

練馬店店長さんのオススメケーキは、「タルトタタン」。「タルトタタン」はりんごをオーブンで2時間ほど煮て、まわりを砂糖でコーティングし、それをパイ生地の上に乗せたシンプルなケーキです。りんごの酸味と、上に乗った生クリームの相性が抜群!

贈り物には、本店でも大人気の焼き菓子「ケーク・ド・オランジュ」がイチオシ。細かく切ったオレンジの風味が豊かなケーキよ。5日間日持ちするから、お土産にもぴったりね〜。

スイーツ3

スイーツ4

こんなに種類があると迷っちゃいそうだけど、実はこれがフランススタイル。日本では数店に分かれているようなお菓子が、ひとつのお店で揃うなんてさすが本場! そんなお店がこれからは近場にあれば、来客用や特別な日にはもちろん、ちょっと頑張った時も普段着のまま立ち寄れるわね。それって、すごく贅沢じゃない?

DSC_0041DSC_0013DSC_0048

 

 

 

__________________________________________

パティスリー・アルカション

住所:練馬区練馬1-25-5

電話:(03) 5946-6575

 

定休日:月曜(祝日の場合は火曜休)

http://arcachon.jp

小竹向原の素敵イタリアン サラ・ダ・プランツォ

 

なかなか飲食店ができない小竹向原で、とっても貴重なお店。

エコレポ1号目のポッコリランチで登場しました!

サラダプランツァ

単身イタリア修行に行き料理を勉強したという女性オーナーのカジュアルな雰囲気のイタリアンレストラン。

 

店内には、毎年恒例のイタリア旅行で撮ってきた写真が飾られています。

また、かわいらしい店内からは、ハーブが楽しめるガーデンがみられます。

料理は、本場イタリアの有名シェフから伝授してもらった、こだわりのレシピ。和牛スネ肉の赤ワイン煮込みやトリッパ アッラ フィオレンティーナなど、本物の味が楽しめます。

4種類から選べるランチはサラダセットやスープセットで1000円(+税)

パスタやピザ、オープンサンドがあり。

サラダプランツァhp

お一人様でも気軽にワインを楽しめる、そんなお店です。

イスラエル料理専門店シャマイム

 

IMG_6942

全国的にも珍しい、イスラエル料理の専門店が江古田駅のすぐ近くにあります。

オープンから20年あまりの歴史あるお店の中は、異国情緒あふれる素敵な空間。

野菜や豆を豊富に使った料理は、日本人にはもちろん、ベジタリアンの外国人の方にも人気だそう。

自慢のオーブンで焼くシシカバブは、こだわりの部位を使ったジューシーな仕上がり。

最近じわじわと人気の出ている豆のペースト、「フムス」ももちろん20年前から出しているそうよ。

IMG_6956

IMG_7153

IMG_7151
オーナーの北岡さんは、「イスラエルのマイアミ」と呼ばれるリゾート地で生まれ育ちました。

もともとイスラエル代表の野球選手で、今でも練馬区で草野球を楽しんでいるそうよ。

「シャマイム」は青空という意味で、お店の天井も真っ青。外が雨でも雪でも、いつも晴れているのね〜

店内の装飾は北岡さんがイスラエルから少しずつ運んできただけに、珍しいものばかり。

カウンターの上の三つのライトも、鉄とガラスでできたイスラエル独特のものだそう。

IMG_6951

IMG_6943

 

オススメは食べ放題。野菜もお肉も好きなものを好きなだけ、できたてをおかわりできます。

特に、イスラエルではみんな食べているフムスと、代表的料理のファラフェルは食べておきたいところ。

日本とイスラエルは実は共通点が多いらしいけど、豆を加工していろんな料理にしてしまうところも似ているかも!

イスラエルのポピュラーな飲み物、ミントティーはさっぱりしていて、料理との相性も最高!

IMG_0784

食べ放題(おまかせコース) 2400円

☆お店にあるほぼ全ての料理が食べられます

IMG_0685

フムスセット レギュラーサイズ 1420円 スモールサイズ 1080円

☆フムスとは、ひよこ豆とゴマのペーストから作られたイスラエルではみんな食べているペースト。ピタパンに付けて食べます

IMG_0707

ファラフェルセット レギュラーサイズ 1620円 スモールサイズ 1300円

☆ファラフェルとは、粗挽きひよこ豆とハーブをミックスして揚げたコロッケのようなイスラエルの代表的料理。サラダとともにピタパンにサンドしたりして自由に楽しめます。そのまま食べてもOK

IMG_0815

ミントティー 350円

 

 

 

03-3948-5333

練馬区栄町4-11 TMビル2F

http://www.shamaimtokyo.com

【営業時間】

[月〜金]17:00〜24:00(LO 23:00)
[土日祝]12:00〜24:00(LO 23:00)

毎月最終金曜日21:00〜ベリーダンスショー開催

イスラエルのお正月料理食べ放題&スペシャル魚料理!2500円!@シャマイム

エコレポイベント第2弾。

今回は東京でもかなり珍しいイスラエル料理(Googleで調べても2つくらいしか出てこなかったぞ)で、

これまた珍しい、イスラエルのお正月料理を食べようの会を開くことになりました!

 

既婚、未婚、ご家族。お子さま、誰でも参加可能です!

シャマイムさんでは、普段から食べ放題はされていますが、

今回は、いつもお店で出していないお正月料理&ドリンク付!

かなりサービスしてくれましたよ★

 

5

シャマイムは、オーナーさんがイケてるってことでエコレポライターのチャコさんも以前に紹介してくれました。

遠方からも人がたくさん来る人気店。週末はかなり混み合うそうですよ。

 

そのオーナーさんがいろいろと、普段は出してない楽しいお料理を考えてくれましたよ。

 

そもそもイスラエルのご家庭では、そのルーツによってお正月料理は違うらしいのです。

 

オーナーさんのご家庭はルーマニアがルーツ。

 

そのオーナーさんのお母さんがお正月に作ってくれたお料理も披露してくれるので、ルーマニア料理も入ってます!

 

どちらにしても、他では食べられない&私も食べたことがないので想像できない!

2

4

 

 

メニューはこちら!(当日ちょっとは変わるかも)

 

実際には見たことがないメニューなので、想像を膨らませてくださいませ~

 

《トマトベースの豆のスープ》

 

《前菜サラダの盛り合わせ》

これは、ふつうの生野菜と、野菜を煮込んだものと、野菜を揚げてハーブなどでマリネしたものと、野菜を漬けたもの(ピクルスみたいな雰囲気)だそうです!

 

《パン二種類》

いつもはピタパンだけですが、お祭りのとき食べるちょっと甘めのパンも特別に焼いてくれるそうです。

 

《ファラフェル》

水にもどしてから磨り潰した豆にパセリやコリアンダーと様々な香辛料を混ぜ丸めて揚げたもの。見た目はコロッケっぽい?(多分)

 

《フムス(豆のペースト》

食べ方としては、ピタパンに野菜やファラフェルをいれてサンドイッチみたいにしたり、パンにフムスをつけたりして自由に楽しむのが向こうのスタイルだそうです。

 

フムスはコトハちゃんが試食。

かなりおいしかったそうですよ。

 

一瞬どちらもパンにみえますが、フムスとピタパンだそうです。

6

日本の芸能人が紹介して最近はやってるみたいです。

 

《魚料理》

自慢のオーブンがあるので、そこで大きなサーモンをじゃがいもといっしょにオリーブオイルで焼くそうです。ジューシーに仕上がるそう!

 

今回も、エコレポライターのコトハちゃんがいろいろ相談をしてくれました。

特別に出してもらえるパンは、

三つ編みみたいなかたちで美味しそうでした~( •ૢ⌔•ૢ )♡とのことです。

 

8

 

日時:1月9日(土)19:00-21:00

大人:2500円(魚料理以外はお代わり自由です) 乾杯ワイン付

幼稚園未満500円、小学生未満1000円、小学生1500円 お子さまは乾杯のときジュースをお出します。

参加可能人数:20人程度

シャマイムはこちら

ご予約はこちらにご記入をお願いいたします。

江古田のヘルシーアメリカン HELLO OLD TIMER

「江古田のヘルシーアメリカン HELLO OLD TIMER」

IMG_6526

IMG_6529

IMG_6531

練馬税務署のお向かいにある、なんだかちょっと異国っぽい雰囲気のお店です。

いろんな国の料理が楽しめる江古田だから、お店で世界一周できちゃうんじゃない? なんて思っていたのですが、ここに行かずしては語れないと実感。

日本では、アメリカ料理ってちょっと高カロリーでジャンクなイメージがないかしら?

本場のレシピを参考に作られたメニューは、じつはかなりヘルシー!

みんな知ってるようで知らない、アメリカの家庭料理が迎えてくれます。

IMG_6520

IMG_6553

夫婦共に音楽好きなのが高じて、2014年4月1日に大好きなニューオリンズなどのアメリカ南部をテーマに、お店をオープンさせました。

IMG_6615

IMG_6518

IMG_6610

IMG_6611

IMG_6524

IMG_6613

お昼はルイジアナ州を中心に、夜はオールドアメリカでちょっとしっとり。こだわりの音楽が流れます。

アンティークの家具やアメリカでお馴染みの調味料が並ぶ店内は、居るだけでちょっとだけ日本を離れたような不思議な気分になります。

古き良きアメリカ、ってこんなかんじなのかしら? タイムスリップしたみたいだわ。

IMG_6614

IMG_6516

おすすめはシーフードのガンボや、スロッピージョー。

スロッピージョーはもともと、アメリカのお母さんが野菜嫌いの子供のために作るメニューだそう。小さく刻んだ野菜がソースにたくさん隠れています。

お近くのパン屋さん、「ジャンゴ」さんとコラボしたバンズでハンバーガーを作ることもあるそうよ。

これは限定メニューなので、今後もコラボが楽しみね!

IMG_6557

<限定メニュー>

スロッピージョー:1000円(トッピングチェダーチーズ:100円)

ドクターペッパー:380円

  • ふだんはスロッピージョーはサンドウィッチパンでの提供です シーフードのガンボ01

シーフードのガンボ〜ライス付〜:1100円

※こちらはディナーメニューです

 

 

 

HELLO OLD TIMER

 

練馬区栄町25-5

https://www.facebook.com/hello.old.timer

 

【営業時間】

ランチタイム 11:00〜15:00

カフェタイム 15:00〜17:00

ディナータイム 17:00〜22:00(LO:21:00)

※カフェタイムはドリンクとデザートのみ

【定休日】

月曜日、第三火曜日

Track4♡「HELLO OLD TIMER」アメリカ度はんぱない!ハンバーガー最高❤︎

Track4♡「HELLO OLD TIMER」

 

こんにちは!

ライターのコトハです。

 

突然ですが、すこし前に猫を飼いました。

Track2でねっこcaféさんにいる“すねをふわっとなでていく猫の妖怪”「すねこすり」をご紹介させていただいていたのですが、リアルにすねこすりをされる毎日です。

元気でおおきくなっておくれ”(  ´   ▽   `  )ノ”

 

今回は、前回の喫茶ポルトさんにご紹介いただいた「HELLO OLD TIMER」さんにお邪魔しました!

確定申告の時何度か前を通っていたのですが、あのときのわたしは白とか青とか還付金がどうなるとかお金のことであたまがいっぱいでした!

IMG_6526

IMG_6528

夕方16時にお邪魔すると、木の扉の奥から美味しそう明かり(?)が……。

わたしこの日、お昼ご飯を食べずに行くくらい楽しみにしていたのです。

「HELLO OLD TIMER」さんはアメリカ料理のお店なのですが、アメリカはわたしが産まれる直前まで両親が長いあいだ住んでいたこともあって、折々で何度か訪れている場所です。

母が小さい頃から作ってくれていたラザニアなどのアメリカ料理や、両親の友人であるアメリカ人の方がふるまってくださる家庭料理が大好きです!

IMG_6535

IMG_6536

看板のメッセージに全力のYES!!

ということで、最高にギラギラしながら入店。

IMG_6518

IMG_6524IMG_6521

IMG_6523

おおおおおお砂糖とケチャップがうちとおそろいだーーー!!

レトロな家具はアンティーク。

だからこんなに……わたしのアメリカのおじいちゃん、パパダンの家の香りがするんですね……!

ターキーとアーティチョークをしこたま食べた後すぐにキャラメルで固めたピーナッツをすすめてくるパパダン、元気かな……。

思った以上に本格的で、すでに感動です。

IMG_6554

IMG_6520

IMG_6516

かなり興奮しながらハンバーガー食べたい!! ドクペのみたい!! と騒ぐわたしに優しくメニューを紹介してくださったシゲザネさん。

お近くのパン屋「ジャンゴ」さんがバンズを焼いてコラボしたという限定メニューのスロッピージョーをいただきました!

(スロッピージョーはふだん縦長のサンドウィッチパンで提供しているそう!そっちも食べたい!!)

IMG_6555

大きい! チェダーチーズやアボカドトッピングもできるので、とりあえずチーズはトッピングしないわけにはいかないよね!!

美味しそうな「野菜とお肉のソース」があふれんばかり。

IMG_6560

顎をつけて撮影しています。大きさの参考になるかな??

そしてわたしの獲物を狙う視線でもう撮影を終えて早く食べたい気持ちでいっぱいなのも伝わるかな!?

IMG_6588

あの、興奮してほとんど食べてしまった画像ですみません……

このポテトが本当に美味しくて。お芋の味もちゃんとするのに、サックサクなんです。

聞けば、一度冷凍してから再度揚げているんだって!

わたしこのポテトとピクルスとアメリカらしい大きなジョッキに入ったドクペ(お酒じゃないよ)があれば幸せホルモンセロトニンがでまくってずっとナチュラルハイです。

IMG_6593

途中、シゲザネさんに「ハンバーガー食べるの上手!」と褒められて、うれしくてニヤニヤしながらソース一滴もこぼさず完食。

ごちそうさまでした!

IMG_6603

「一般的に健康的なイメージが少ないアメリカ料理だけど、ヘルシーで美味しいお料理もたくさんあるって知ってもらいたい」とシゲザネさん!

 

さんせい”(  ´   ▽   `  )ノ”

 

 

◉おまけ◉

仕事の邪魔をする猫。

スクリーンショット(2015-11-20 14.40.12)